BLOG

NATURE FURNISH

BLOG

2024/03/23 ビーチ材 av board 【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

急に暖かくなったと思ったら、最近は寒い日が続いたり・・・

土曜日の吉祥寺は雨が降ったり晴れ間が出たり変な天気です。

これも春が近づいているということなのでしょうか・・・

 

img_1967

 

さて今回は春にふさわしい?材料のビーチ材avボードです。

なぜ春にふさわしいか・・・?ビーチ材は淡い桜色のような色が特徴だからです。(無理やり)

 

ご注文されたお客様はすでにビーチ材で他の家具をお持ちということで、材料を揃えて作りたいというご要望でした。

優しい色味のビーチ材でシンプルな形にするとつまらなくなりそうですが材料を厚めに取ってあるので、グレード感も出つつ可愛らしく仕上がりました。

 

img_1971

 

奥に背板が入ってないので、配線がシンプルに繋げる良さも。

 

そしてビーチ材は経年による褪色などの変化が少ない材料の一つです。

 

あまり高さもなく、扉も引き戸にしてあるので少し和の要素も感じます。

 

今は日本でもほとんどが洋式の生活。

我が家も和室はありません。

椅子や、テーブル、ソファ、といった生活の中でも日本の中ではなんとなく背の低い家具がしっくりくるなと思います。

海外の家を見ると、同じような生活様式になってきているとはいえ背の高い、主張が強い家具が多いな・・・と感じます。

どちらがいいとか悪いとかではなく、家の広さや天井の高さ、間取りなどでも似合う家具は違うんだなということ。

そういう意味でもオーダー家具は、お客様の好みはもちろんですがその空間に合うものを作れるので

納めた時も初めからすんなり馴染む気がします。

 

昨日は娘がかねてから行きたがっていた小金井の「江戸東京たてもの園」に行って来たそう。

彼女も古い建物などが好きなので、相当楽しかったらしく全ては回れなかったようです。

 

色々な建物の中にある当時の生活の様式。

やはり日本の中に建っていたものということで和の雰囲気はありつつ時代によっては和と洋が混じったモダンな雰囲気の物があったり。

どの時代でもその時の生活様式の中で、機能と装飾どちらの美しさも追求していますよね。

 

まだまだ、極めていくのは難しい家具作りですが目指すのはその域!!

 

私ももう少し暖かくなったら、勉強も兼ねて江戸東京たてもの園に行きたいと思います・・・

2024/03/16 ダイニングセット          【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_2106

 

前回、前々回とご紹介したお宅のもう一つ。

ダイニングセットです。

こちらもナラ材で、脚はグレー塗装のアイアン。

脚の先は同材のナラを接木してあります。

 

椅子二脚はよく見ると高さが違います。

 

img_2104

 

img_2105

 

img_2107

 

ご主人様は、少し腰痛が気になるとのことでしたので微妙に高さを替えてぴったりのサイズにして、クッションも別に作りました。

ちょっと腰に当てて座ったりするのにいいですよね。

 

そして、テーブルにはすこし仕掛けが。

サイドにピンを取り付けて小さな棚をつけることが出来ます。

 

img_2102

 

img_2098

 

img_2100

 

テーブルに置いておくとちょっと邪魔になる細々した物たちをさりげなく棚へ。

 

img_2103

 

スマホを充電するための棚というのが目的でもありましたので、テーブル横のコンセントからスマートに目隠ししつつ充電出来るようにしました。

ピンから取り付けるものにしたことで、ピンを外せば邪魔にならずに短手側にも座って頂けます。

 

img_2127

 

以前ご紹介したTVボードとは、脚の色もグレーで一緒ですし、

ソファとは座面の生地をグレーにしてリンクさせたり

全部の家具の雰囲気を少しづつ寄せることでお部屋に統一感が出て素敵でした!

2024/03/09 ナラ材 TV BOARD 【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_2109

 

この前ご紹介したソファにチラッと写っていたTVボードはこちらです。

 

img_2110

 

ナラ材に、アイアンの細めの脚をつけました。

アイアンで脚をつけるのはよくやるのですが、黒や白が多いかな?

でもコチラのTVボードの脚はグレーです。

濃いめのグレーなので、黒にも見えますが黒より柔らかい雰囲気になっています。

 

少しの色の違いで、個性が出たりイメージが変わったり。

もうこれは好みの世界なのですが、こちらのお家にはグレーがしっくりきました。

 

img_2123

 

img_2122

 

中央の扉は引き戸になっていて、格子扉。

熱がこもらないということもありますし、中にav機器を入れてももちろんリモコンが効きます。

格子の隙間は15mmくらい。

隙間の大きさでも雰囲気が変わり、もう少し細くすると和っぽくなりますが、

このくらいの隙間で、格子が内側に来ないで外に出ているのでモダンな雰囲気になりました。

 

img_2124

 

両サイドに二段づつ引き出し収納がありますので、細々したものもしまえると思います。

 

ソファ、TVボードと同じナラ材でダイニングセットも納めましたので次回ご紹介します!

2024/03/02 basso sofa 納めました       【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

以前ご紹介した「basso sofa」を納めさせて頂きました。

 

img_2114

 

img_2111

 

生地は明るめのグレーとそれより濃いめの落ち着いたグレーのツートン。

クッションには同じトーンのパープルも加えて、3色になっています。

本体はナラ材です。

 

img_2115

 

img_2117

 

前にご紹介したbasso sofaはウォールナット材。

材料も違うし、生地をツートンにしていることでだいぶ雰囲気が変わります。

 

img_2121

 

img_2119

 

オットマンもあるので、L字に置いて足を伸ばしたり、単独で離して置いてスツールのように使うのも可愛い。

 

basso sofaの特徴の低い背もたれが、ダイニング側とリビング側を緩やかに仕切っています。

床材がナラなので統一感もあり、低いソファがお部屋をより広く見せています。

 

最後の写真にすこーし見えているTVボードもナラ材。

次回ご紹介します!

2024/02/19 生地を張り替えました basso sofa    【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

basso sofaの生地を張り替えました。

 

ウォールナットの躯体に馴染む優しいベージュです。

ショールームに置くソファはサンプルなので、割とハッキリした色味にしていましたが、

今回のはお家イメージに近い雰囲気かもしれません。

 

「basso」はイタリア語で「低音」「ベース」の意味。

背もたれが低く、重心低めなことも、楽曲を下支えする役割という意味でもなんか雰囲気に合っていませんか?

 

img_2270

 

img_2272

 

img_2279

 

img_2286 img_2288

 

img_2281

 

このソファの安定感にピッタリの生地を選べた気がします。

生地の新しいサンプルも届きました!

今回の生地もいい感じです。

生地から選んで作っていくソファ作りも楽しそう。

 

*前回のテーブルのお客様のスツールは次回ご紹介します!

2024/02/10 小さめテーブル・チェリー材        【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_1989

img_1988

 

img_1993

 

チェリー材のテーブル。

真ん中が少し膨らんだデザインで、天板や脚もふっくらと丸みがついています。

大きくないサイズなのと、クラシカルなデザインがお好みということもあってアクセントに「千切り(ちぎり)」をウォールナット材で入れました。

千切りは、割れがある材料の割れどめだったり節を埋める意味がありますが、今回はそういうものはなくあくまでもアクセントの一つとして。

Rが多めで優しい印象のデザインによく合っています。

 

2024/02/03 TV BOARDですが・・・   【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_1978

 

img_1979

 

img_1980

 

img_1981

 

ナラ材のTVボードです。

最近のTVボードはTVが薄いこともあって、奥行きがあまりないものが増えていますがこちらはしっかりと奥行きがあります。

高さも普通のものより高めなことにお気づきでしょうか?

理由があります。

こちらはTVボードであり、ワンちゃん用のケージでもあるのです。

 

格子戸の中をケージとして使用するため、地板はポリ材というツルッとした塗装をしてある材料で水拭きも出来、

お掃除しやすい素材になっています。

また、床と段差があまり出ないように台輪などはつけていません。

 

もちろんTVボードとしてお使いなので天板には配線の為の穴を開けて、線は後ろに逃がせるようになっています。

 

右の収納は上は前に開けるようにして、デッキなどを収納。

下の引き出しは深さもあるので、ペット用品なども充分収納出来ます。

 

こちらを納品している間、興味深そうに見ていたこのケージの住人になるワンちゃん。

我が家の犬種と同じでしたが、うちのワンと違ってお利口そう・・・

思慮深そうな眼差しで、ニューハウスをジッと見つめていました。

 

気に入ってくれてるかな・・・?

2024/01/11 2024年 ご挨拶             【吉祥寺 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_2082

2024年が始まり、思いもかけない災害が起き

お正月を暖かなところで過ごせずにいた方々がいたということに改めて胸が痛みます・・・

たくさんの被災された方たちは、まだまだ大変な状況だと思います。

心よりお見舞い申し上げます。

 

東日本大震災の時も思いましたが、自分に出来ることは限られていてもどかしさばかり。

何かができると思うことが傲慢なのかとも思ってしまいます。

当たり前であった日常がなくなってしまった人たちの心はいかばかりか・・・

「生活」「日常」

そういうものが皆にとってどれだけ大事なものかということを考えずにはいられません。

家具も壊れたりしていなければ意識することさえないかもしれません。

それで良かったのに。

意識することのなかった「日常」に早く戻れますように・・・

2023/12/28 今年も一年ありがとうございました      【吉祥寺 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_1735

 

本年最後の営業日となりました。

今年もたくさんのお客様のところに家具を納めさせて頂きました。

 

オーダー家具という特性から、お客様は形の相談、仕様の相談、材料の相談・・・

と、色々決めなくてはいけないこともありますし、そこからスケッチお見積もりを見てご検討頂き・・・

と、既製の家具を買うよりもずっと考えて頂くことが多かったり、時間もかかったりします。

そういったお手間を考えても、うちの家具を選んでご注文頂いたということは本当にありがたいことです。

そこまでの気持ちを頂いた家具ですので、絶対に満足してもらえるようにと真剣に丁寧に作ってきたつもりです。

幸い今年も、納品したお客様皆様から喜んでもらえました。

 

家具作り、まだまだ難しくて試行錯誤の日々ですがとにかく丁寧に!

を、モットーに来年もご注文下さるお客様皆さんに「頼んでよかった!」と思って頂けるものを作り続けていきます!

 

本年度の営業は本日12月28日までです。

新年は1月5日(金)から営業致します。

 

今年も一年ありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎え下さい・・・

2023/12/15 チェリーキッチン        【吉祥寺 インテリアショップ NATURE FURNISH】

早いものでもう12月も後半になろうとしています。

毎年のことながら、年末の時間の進みの速さよ・・・・

今年もたくさんの家具を納めさせて頂きました。

今年は、例年以上にリピーターさんが多かった気がしています。

吉祥寺にお店を始めてからで言っても12年ほど経っていますので、その中でお付き合い頂いたお客様から「そろそろこんな家具も・・」

とお問合せ頂くことも多く、長くやってきたんだな〜と改めて思います。

以前も書きましたが、リピートして下さるということは納めた家具に満足頂いた、ということでもありますので嬉しい限りです。

 

今回のお客様もそんなリピーターさんのお一人です。

ご自宅の建て替えに伴っていくつか家具をご注文下さいました。

本日はその中のキッチン部分の家具類をご紹介致します。

 

img_1833

 

img_1832

 

img_1835

 

img_1836

 

チェリーのキッチンカウンター、吊戸収納、背面収納です。

カウンター収納は大きな木目が綺麗に横に流れて存在感がある大きさ。

高さもかなりあるので、広いリビングですが迫力があります。

この高さにしているのは、正面からは全く中を見せないため。

施主様はアーティストでいらっしゃるので、ご自身のしたいイメージもはっきりお持ちでした。

そのご希望を材料と仕様で具現化するお手伝い、というような制作でした。

 

空間が抜けていて、余計なものがないご自宅ですので、なるべくごちゃごちゃさせずに、

でも、収納力は十分にあるキッチン収納になったと思います。

直線的でシンプルな形ですが、ステンレスの天板とチェリー材の組み合わせで個性的な雰囲気も。

カウンター側と、IHのある作業スペース側には手元を照らすライトもつけて、作業もしやすそうです。

 

吊戸は開き扉ですが、下台は引き出しの収納が多く、重いものなどをしまっても取り出しやすいと思います。

引き出しの収納に食器をしまうお客様が増えていますが、奥のものまで取り出しやすく、何があるのか見やすいのも利点ですね。

 

こちらのお客様のところは、ご自宅の建築と並行して納めた家具と、

完成後にも少しづつ納めていった家具などたくさんありますのでまたご紹介させて頂きます。

TOP