BLOG

NATURE FURNISH

BLOG

2024/05/27 アイランド型キッチン収納      【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_2433

 

山梨に納品に行ってきました。
別荘ということもあり、開放的なリビングとキッチン。
緩やかに仕切るアイランド型のキッチン収納です。

 

img_2431

 

キッチン側は引き出し収納。
大容量プラス重いものをしまうのに向いています。
ウォールナットの綺麗な目を生かした天板と同様、引き出しの前板も綺麗な目がなるべく繋がるようにお作りしました。
真鍮の取手も美しい。

 

リビングに面した方はガラスの引き戸収納と格子の扉。
キッチン側の右下のfixになっていた謎スペースがリビング側の格子扉部分。
ここは、床下に半分潜る形でエアコンが入るそうです。
その目隠しも兼ねたアイランド型の収納という訳です。
納品の時点ではまだエアコンが入っていなかったので、お見せできませんが、この家具の内部から風が来るようになるそうです。
不思議…
今までも色々な形の家具や、電化製品と絡んだ家具、スピーカーを仕込んである家具などもお作りしてきましたが

今回のエアコンが床下に入っているタイプは初めてでした。

 

毎回納品は緊張します。
今回も絡みが難しそうでドキドキしましたが、うまく納まってホッとしました…
まさに、オーダーでしか出来ないキッチン収納でした!

2024/05/20 特注サイズクローゼット          【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

dsc_0176

 

寝室のクローゼットを納めさせて頂きました。
オークのホワイト塗装がシンプルでスッキリしたデザインを引き立てます。

壁一面なのでワイドは6000弱。
高さも2000、奥行きも700あるのでかなり大きく、収納量もたくさん。

 

dsc_0180

 

左端はパイプをつけて、吊る収納。
上下にパイプをつけたので長いコートなどは上のパイプ、下には短いシャツなどを掛けることが出来ます。
下のパイプは取り外すことも出来るので、ワンピースなども綺麗に掛けられるようになります。
棚板も取り外すのが簡単にできるので、用途に応じて使い勝手良く。
地板は有孔ボードになっていて穴が空いていることで、通気性を良くしました。

 

dsc_0183

 

中央は着物収納。
パイプの収納の方と同様、地板は有孔ボード。
引き出し部分の底も有孔ボードにしてこちらも通気性を確保しました。

 

dsc_0188

 

dsc_0189

 

そして、残りの部分は棚収納。
本や写真集をたくさんお持ちなので、それらをここにしまえるようにお作りしました。
かなりの棚板が入っていますが、実は二重になっています。奥行きの700を活かして二重にすることで収納量も格段に増えます。

 

スライドして棚を動かすことができるので奥のものを取り出すのもスムーズ。
折れ戸にして、フルにオープン出来るのでスライドさせて違う位置に棚がきても見やすく取り出しやすくなっています。

 

寝室ということで、大きいけれど圧迫感がないように一見壁のようにも見えるオーク材ホワイト塗装。
ホワイトの塗装が軽やかに見える一因です。
そのままの材の色味が綺麗だな、と思うことは多いのですが場所によっては塗装がベストなこともありますね。

2024/05/11 TV board(ウォールナット)          【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

ウォールナット材のTVボードを納めさせて頂きました。
真ん中はガラス扉の引き戸。
サイドは大きめの引き出し収納です。

 

img_2251

,br>

img_2257

 

中央部分の背板には大きく開口をつけて、コンセントなどの配線がスムーズにいくようにしました。
と言うのも、こちらの収納はゲーム機やAV機器、パソコンやタブレットなどのガジェット系をしまいたいというご希望でお作りしたものだからです。

 

img_2258

 

引き出しの奥の板は前よりも低くして、線を通せるようにしたので引き出しに収納した状態で充電が出来ます。
小さなことですが、配線のごちゃごちゃを無くして見えないようにすることで少しストレスが解消できます。

 

お打ち合わせの中で、暮らしのちょっとした困りごとなどお話しして貰えばオーダー家具が解決出来ることがあるかもしれません。
お客様のご要望はまさに人それぞれ。
「難しいな…」と思うこともありますが試行錯誤しながら、使いやすくて、気持ちもあがる美しい家具を作りたいなと思っています。

2024/05/04 ウォールナットテーブル      【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

キッチンカウンター収納をご紹介したお客様のところに納めたテーブルです。
材料は同じウォールナットで。

 

dsc_0080

 

落ち着いた雰囲気のお家なので、深い色のウォールナット材がしっくりきました。

 

dsc_0086

 

椅子は以前からお持ちのもので、その高さや大きさに合わせてサイズも決めました。
セットでご購入頂かなくても、気に入った椅子に合わせて作ることができるのがオーダーテーブルの良さです。

 

dsc_0084

 

オーダーの良いところをもう一つ。
打ち合わせが済んでから、お客様からテーブルの下に引き出しをつけられますか?とご希望を頂き、天板下に薄めの引き出しをプラスしました。
製作に入る前でしたら、こういったご要望にもお応え出来ます!
テーブルをお掃除するブラシなどを入れたいので、それほど深さはいらないということで座った時の足にも邪魔にならない薄さで。
強度の関係で、一つだけではなくバランスをとって反対側にもつけたので意外と色々しまえそうです。
ついつい置きっぱなしになってしまいそうな筆記用具やはさみ、ウェットティッシュやリモコンなどもサッとしまえていいですよね。

 

テーブルの脚には黒のアイアンを渡してあります。
一部を違う素材にすることで、木だけとはまた違う表情が出ました。

2024/04/13 カウンター収納 ウォールナット      【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

本日は爽やかー。
花粉も落ち着いて、一番気持ちのいい時期になりました。

本日ご紹介する家具はキッチンカウンター収納です。
カウンター収納にしては奥行きが広めの800mmですが、キッチン側とリビング側と両方に収納があります。

 

img_2245

 

img_2247

キッチン側には6つの引き出し収納とゴミ箱を入れるオープンスペース。
リビング側はガラス扉の戸棚とスツールを置いてカウンターテーブルとして使うスペースです。

キッチン側は6つも大きめの引き出しがあるので収納力たっぷり。
一番下は大きなお皿をしまいたいというお客様のご希望で仕切りをつけました。
確かに大皿の収納って難しい。
広さも必要だし、重ねてしまうと一番下は取り出しにくくなります。
こうすると一枚ずつしまえて、取り出しやすくなりますね。
でもかなり重くなるので金物は重さに耐えられる丈夫な仕様のものにしました。

 

取手は細めの真鍮で美しく。
リビング側のお客様などからは見えませんが、毎日使う場所なので使いやすさも、自分の「好き」も追求したいですよね。

 

リビング側は見える方なのでもちろん美しく。
框に組んだガラス扉の収納は、浅めですがリビングで使う食器をしまって、キッチンまで行かなくても済むように。
ガラス扉は抜けもあるので、大きな家具ですが軽やかに見えます。

img_2240

 

img_2241

 

お客様からは、料理をする時はもちろん、買い物したものをちょっと置いたり、

配膳の準備ができたり、作ってもらって良かったとのご報告がありました。
広めのカウンターを便利にお使い頂いているとのことで良かった!

 

こちらにはテーブルも納めさせて頂いたのでまたご紹介します。

2024/04/06 いつかのキッズキッチン    【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

今、吉祥寺のお店には2台のキッズキッチンがあります。

 

img_5973

 

こっちはずっとお店に置かれていたもの。

 

img_5970

 

こっちはお客様がずっと使われていたものです。

 

実は先日、お客様から

「ずっと前に購入して使っていたんだけれど、子ども達が大きくなってしまって・・・そのまま捨てるのも忍びなく・・・」

とご相談頂き、こちらまで持ってきて下さるということでお引き取りしました。

 

ご家族皆さんで持ってきて下さって、これを使って遊んでくれていたであろうお子さん達もいらっしゃいました。

その姿は「確かにこれではもう遊ばないだろうな・・・」

というくらい大きくて(記憶が正しければ、納品した時は赤ちゃんだったような・・・)

本当に長い間使ってもらってありがたく思いました。

 

img_5971

 

img_5972

 

お客様も「ちょっとガス台のところが一部取れちゃったんだけど、あとは壊れずに使っていました」

とおっしゃっていましたが、オーブン風の扉も、引き出しもそのまま。

 

お店に置いてあるものは雨風にさらされたということもあり、壊れてこそいませんがボロボロ・・・

 

お客様の方は本当に綺麗で、大事に使ってくれていたことがわかります。

たくさん触って遊んでくれたおかげで、独特の艶が出てるのが愛おしい・・・

 

我が家のキッズキッチンはお役御免となった後、お世話になった学童保育に使ってもらいました。

このキッチンも、ちょっと修理をして磨いたらどこかにお譲りして使って頂けたらいいな、と思っています。

2024/03/30 ロフトベッド         【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

今日はずいぶん気温も上がり、土曜日ということで中道通りもたくさんの人が。

桜の開花宣言も出て、井の頭公園も賑わっているでしょうね。

 

もうすぐ4月。

入学やお引っ越しもありますし、春はなんとなく部屋を片付けたり、心機一転模様替えをしたりしたくなりませんか?

今回のお客様も、お子さんが入学を機に一人部屋への独立!

ということでベッド周りに収納やデスクをまとめたロフトベッドをご注文下さいました。

 

こちらのお客様は設計のお仕事をされているということで、ご自身がデザインなどを考えて

そこから実現できる形や素材などをすり合わせしながら作りました。

 

img_2029

 

img_2030

 

img_2031

 

Rのある柵が特徴的なデザイン。

ベッドへの階段も柵と同じ材料を合わせて、シンプルに機能的に。

棚にもなっている窓枠のような部分もRをとってあるのがかわいいですよね。

グレーのメラミンと白のアイアンとナラ材。

それぞれの材の組み合わせが子どもっぽくなり過ぎず、程よい遊び感を出しています。

なんとなく宇宙船のような雰囲気も。

 

奥の明るい窓際にデスクもあって、引き出し収納や棚収納もあり、スタディースペースも完璧です。

 

一人部屋への独立は子どもにとっても大きな一歩!

でもこんなスペースがあれば「独立」でありながらなんとなく守られた「基地」のような。

 

きっとあっっっっという間に大きくなってしまうのでしょうが、頂いたメールにはまだベッドは使われず

下の空間はおもちゃでいっぱいというご報告が。

楽しく使ってくれていて嬉しい・・・

 

ベッドは急がずに・・・いつか使ってくれる日を楽しみにしています。

2024/03/23 ビーチ材 av board 【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

急に暖かくなったと思ったら、最近は寒い日が続いたり・・・

土曜日の吉祥寺は雨が降ったり晴れ間が出たり変な天気です。

これも春が近づいているということなのでしょうか・・・

 

img_1967

 

さて今回は春にふさわしい?材料のビーチ材avボードです。

なぜ春にふさわしいか・・・?ビーチ材は淡い桜色のような色が特徴だからです。(無理やり)

 

ご注文されたお客様はすでにビーチ材で他の家具をお持ちということで、材料を揃えて作りたいというご要望でした。

優しい色味のビーチ材でシンプルな形にするとつまらなくなりそうですが材料を厚めに取ってあるので、グレード感も出つつ可愛らしく仕上がりました。

 

img_1971

 

奥に背板が入ってないので、配線がシンプルに繋げる良さも。

 

そしてビーチ材は経年による褪色などの変化が少ない材料の一つです。

 

あまり高さもなく、扉も引き戸にしてあるので少し和の要素も感じます。

 

今は日本でもほとんどが洋式の生活。

我が家も和室はありません。

椅子や、テーブル、ソファ、といった生活の中でも日本の中ではなんとなく背の低い家具がしっくりくるなと思います。

海外の家を見ると、同じような生活様式になってきているとはいえ背の高い、主張が強い家具が多いな・・・と感じます。

どちらがいいとか悪いとかではなく、家の広さや天井の高さ、間取りなどでも似合う家具は違うんだなということ。

そういう意味でもオーダー家具は、お客様の好みはもちろんですがその空間に合うものを作れるので

納めた時も初めからすんなり馴染む気がします。

 

昨日は娘がかねてから行きたがっていた小金井の「江戸東京たてもの園」に行って来たそう。

彼女も古い建物などが好きなので、相当楽しかったらしく全ては回れなかったようです。

 

色々な建物の中にある当時の生活の様式。

やはり日本の中に建っていたものということで和の雰囲気はありつつ時代によっては和と洋が混じったモダンな雰囲気の物があったり。

どの時代でもその時の生活様式の中で、機能と装飾どちらの美しさも追求していますよね。

 

まだまだ、極めていくのは難しい家具作りですが目指すのはその域!!

 

私ももう少し暖かくなったら、勉強も兼ねて江戸東京たてもの園に行きたいと思います・・・

2024/03/16 ダイニングセット          【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_2106

 

前回、前々回とご紹介したお宅のもう一つ。

ダイニングセットです。

こちらもナラ材で、脚はグレー塗装のアイアン。

脚の先は同材のナラを接木してあります。

 

椅子二脚はよく見ると高さが違います。

 

img_2104

 

img_2105

 

img_2107

 

ご主人様は、少し腰痛が気になるとのことでしたので微妙に高さを替えてぴったりのサイズにして、クッションも別に作りました。

ちょっと腰に当てて座ったりするのにいいですよね。

 

そして、テーブルにはすこし仕掛けが。

サイドにピンを取り付けて小さな棚をつけることが出来ます。

 

img_2102

 

img_2098

 

img_2100

 

テーブルに置いておくとちょっと邪魔になる細々した物たちをさりげなく棚へ。

 

img_2103

 

スマホを充電するための棚というのが目的でもありましたので、テーブル横のコンセントからスマートに目隠ししつつ充電出来るようにしました。

ピンから取り付けるものにしたことで、ピンを外せば邪魔にならずに短手側にも座って頂けます。

 

img_2127

 

以前ご紹介したTVボードとは、脚の色もグレーで一緒ですし、

ソファとは座面の生地をグレーにしてリンクさせたり

全部の家具の雰囲気を少しづつ寄せることでお部屋に統一感が出て素敵でした!

2024/03/09 ナラ材 TV BOARD 【東京 吉祥寺 オーダー家具 インテリアショップ NATURE FURNISH】

img_2109

 

この前ご紹介したソファにチラッと写っていたTVボードはこちらです。

 

img_2110

 

ナラ材に、アイアンの細めの脚をつけました。

アイアンで脚をつけるのはよくやるのですが、黒や白が多いかな?

でもコチラのTVボードの脚はグレーです。

濃いめのグレーなので、黒にも見えますが黒より柔らかい雰囲気になっています。

 

少しの色の違いで、個性が出たりイメージが変わったり。

もうこれは好みの世界なのですが、こちらのお家にはグレーがしっくりきました。

 

img_2123

 

img_2122

 

中央の扉は引き戸になっていて、格子扉。

熱がこもらないということもありますし、中にav機器を入れてももちろんリモコンが効きます。

格子の隙間は15mmくらい。

隙間の大きさでも雰囲気が変わり、もう少し細くすると和っぽくなりますが、

このくらいの隙間で、格子が内側に来ないで外に出ているのでモダンな雰囲気になりました。

 

img_2124

 

両サイドに二段づつ引き出し収納がありますので、細々したものもしまえると思います。

 

ソファ、TVボードと同じナラ材でダイニングセットも納めましたので次回ご紹介します!

TOP