ブログ

変形チェスト

DSC_6133

形が、変形の六角形のこちらのチェスト。

 

理由は・・・

DSC_6165

こちらの窓下への設置のため。

扉も無垢とカラーの組み合わせの個性派です。

こういったコーナーがあるとリビングにも変化がでて素敵ですが、既製の家具は置くのが難しい。

壁の形も、窓の高さも生かしたい・・・ということで必然の形でした。

 

カラーの扉も見た目のアクセントだけでなく、

この色の所にはこれがしまってある、と印象がつきやすく利便性もあります。

人って割と色で覚えてたりしますよね。

近頃物忘れがひどい自分の収納もこうしようかな・・・

 

家具を作るとき、お客様と打ち合わせしながら

ご希望のものを作っていくことはもちろん、少しでも使いやすいもの、

そしてそれがデザインと必然が重なるように・・

というのはいつも考えているかもしれません。

使いやすい物は美しい、が目標です。

難しい・・・

キッチンカウンター収納です

DSC_6061

お盆休みに入り、皆様どのような休日をお過ごしでしょうか?

遠出の方も多いのか、例年この時期は吉祥寺は少し人手が少なくのんびりとした感じ。

今日はお店前のじゃぶじゃぶ池も、子ども達の声が聞こえません。

 

今回のご紹介はカウンター収納。

DSC_6065

新築を建てるお客様からキッチンのカウンターと収納のご注文を頂きました。

収納は、手掛けも取手もなくプッシュラッチで開けるタイプです。

見た目は、扉?とわからない感じですよね。

チェリー材をあえてランダムに貼って、ちょっと個性的に。

木目を綺麗に見せる良さもありますが、こうすると少しクラシカルな雰囲気も出ますね。

DSC_6106

こちらが納めた状態です。

まだ、工事中ということで壁も仕上がっていないのでイメージしづらくてスミマセン・・・

でも、綺麗にすっぽり収まりました!

収納扉下のグレーがアクセントになり、締まっていい感じです。

木材だけでなく色との組み合わせも、また雰囲気が変わるのでおもしろいですよ。

SLANT SHELF

本日、お店の前の公園は整備中。

明日から、夏恒例のじゃぶじゃぶ池が始まるようです。

 

今日の家具はslant shelf

オリジナルで3パターンの高さがありますが、こちらはオリジナルより少し幅を広げてあります。

ドアとドアの間の壁に合わせた幅でお作りしました。

DSC_6033

DSC_6039

slant shelfは「斜め」のslant。

上の方に向かって斜めに角度がつくことで少しシャープでスマートに見えます。

ドアとドアの間のようなところでも、そのちょっとした傾斜で、出っ張り感を和らげてくれるような気がします。

無垢材と突板と家具によっては向き不向きもあるので無垢材がすべての家具にいいわけではありませんが、

こちらは、サイズもそんなに大きくないので全て無垢材の仕様です。

棚板も無垢材。

ちょっと贅沢な感じですが、ウォールナットの木目が綺麗なslant shelfでした。

キッチン収納カウンター

暑い・・・

じりじりした日差しが夏休み感満載ですが、まだ梅雨も明けてないんですよね・・・

夏休み通り越して、二学期前の宿題たまったまま焦ってる状態のブログ更新です・・・

 

DSC_6085

キッチンの背面収納カウンターです。

こちらは工場での写真。

 

実際の納めさせて頂いたものがこちらです。

DSC_6108

ナラ材は、色も明るくどんな家具にも使いやすい材料のひとつ。

木目の主張も強くないので、あまり場所を選ばず使えます。

そういう特徴もあって、ナチュラルな雰囲気で白っぽい部屋に使うことも多いのですが

今回はグレーの壁にグレーの床。

でもこれまたいい感じ。

クールになりそうな色味のなかのナラ材は、モダンを抑えてちょっとレトロな感じに見えます。

こういうの好きです。

DSC_6111

キッチン背面をすべて収納にするのもひとつですが、

上は棚収納にして下はカウンターにすることでスペースを確保。

作業や、ちょい置きのスペースがあるだけで効率良く作業が出来ます。

 

下のオープン部分は、ゴミ箱の収納。

こちらも作業しながら出たゴミをぱっと捨てられるので家事導線も良く、見た目もすっきり。

キッチンになじみつつ、賢く調理のお手伝いをする優秀なカウンターでした。

 

パズルテーブル

梅雨に入ったようですが、本日もなかなかの晴れ具合。

個人の都合で言わせてもらえば雨よりは過ごしやすいですが、ほんとは雨も大事ですよね。

 

今回はちょっと変わり種のテーブルをご紹介します。

DSC_5979

やたらに脚が多い。

でも理由があります。

DSC_5987

不思議な木目。

理由があります。

DSC_6012

こんな感じで分割可のパズルのようなテーブルゆえでした。

 

こちらは一般のご家庭ではなく、サロンの様なところです。

皆さんがいろいろお話をする場ということで、大きくもできるし

少人数じっくりのときはこじんまりと・・・もできます。

あえての変形で家庭とはまた違った雰囲気をだしつつ、

でも落ち着いた色味のウォールナットのテーブルがリラックスできる空間を演出しています。

 

DSC_5962

椅子はオリジナルのr-chair

張り生地を柄にすることで、いつもと違った表情に見えました。新鮮。

テーブルもオリジナルのcircle tableの脚ですがストレートに下ろすことでこちらも雰囲気が変わります。

ちょっとしたディティールでイメージって変わりますよね。

それを探すのも面白い。

 

同じ風景も季節、今なら梅雨の雨でディティール変わりそう。

個人の都合で苦手にしていた梅雨も面白がる方向にしてみます。

2 / 2512345...1020...最後 »