order table chair

NATURE FURNISH

order table chair

2017/05/11 大きめウォールナットテーブル

dsc_5693

 

ウォールナットテーブルを納めさせて頂きました。

角や脚も丸みがあるので優しい印象です。

小さいお子さんがいらっしゃるお客様はやはり角にRをつけることが多いです。

dsc_5700

 

広いリビングに置くとそんなに大きく見えませんが

W2500ほどあり大きめサイズ。

6?8人が座ってお食事が出来ます。

 

実はこちらを納めたのは昨年で、先日追加でローテーブルとサイドテーブルも納めさせて頂きました。

次回はそちらを・・・

2017/04/08 ウォールナット家具2つ

dsc_5577

 

少し前になりますが、工場の近くのお客様にTVボードとテーブルを納品しました。

ウォールナットで鉄脚。高さは薄めでスマートな印象です。

脚の細さや、長さ高さの比率で微妙にイメージも変わります。

細かくオーダー出来るので、そこも面白いところ。

dsc_5600

 

もうひとつ納めたテーブルも、天板の厚さにこだわりました。

dsc_5572

 

薄めの天板にしたいのですが、強度のことも含め限界があります。

そこで薄く見える仕様に。

dsc_5556

 

天板をかき込んで、脚をその下に納めることで見た目はごく薄めに見えます。

こういった仕上げにすることで繊細な表情が。

 

ひとつひとつの小さなこだわりが、それぞれの暮らしに合う家具になります。

そしてそういうものが作れる楽しさと、難しさ、を感じる日々です・・・

 

春になり、新しい仕事や学校と挑戦する人が増えて

エネルギーがもわもわと溢れてくる季節になると

ふと、仕事への向き合い方も考えますね。

 

よし、仕事しよう!

2017/03/05 卵形テーブル

dsc_5654

 

春らしい気温の日も増えてきました。

お店の前を通る人たちの服装も軽やかな感じの日曜です。

 

春→イースター→卵

というわけではありませんが(実際の納品はもっと前でした・・)

卵形のテーブルです。

オリジナルcircle tableの変形版です。

丸でも楕円でもない卵型は、ちょっとユーモラスで優しい感じ。

直線が多い家の中に、さりげなく居座る曲線のテーブルは部屋の雰囲気を和ませてくれます。

dsc_5648

 

脚はオリジナルにならって交差したアイアンがついています。

柔らかな風でもあり、鉄のクールなハンサム風でもあり。

納めさせて頂いたご自宅の雰囲気には、やっぱり卵形だったな、と納得のオーダーでした。

2016/10/07 オフィス用テーブル

お久しぶりのブログになりました。

前回からひと月ほど。

その間にさすがの暑さも和らぐかと思いきや、まだ夏日の吉祥寺です。

 

今回は、とあるオフィスに家具を納めさせて頂きました。

テーブルと書類などを納める収納家具です。

今日はテーブルをご紹介します。

1%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-08-15-10-34-37

 

会議などでお使い頂くようですが、オリジナルのビーンテーブルを選んで下さいました。

オフィスにビーンテーブルを納めるのは初めてですが、なんかいい感じです。

皆さんが囲むようにして丸く座っての会議は、それぞれの顔も見えていいアイディアもでそう?

もちろん、居眠りもばれてしまいますね・・・

でも、家族がテーブルを囲むようにして進められる会議はざっくばらんな雰囲気で出来そうです。

 

このオフィスもそうですが、最近は木を多く取り入れたところも増えているようです。

柔らかそうな雰囲気が出せることで落ち着いてリラックスできる空間になることも人気なようですが、

木の香りの効果も。よく知られているのは脳の鎮静化やリフレッシュ効果ですが、

作業効率を上げるのに役立つという報告もあります。

 

家具を納めると「いい木の匂いがしますね?」とお客様に言われることも多く

(慣れているスタッフは、すでに気づかなくなっているのですが・・)

木の家具の持つ魅力のひとつですね。

2016/04/10 サークルテーブル

DSC_4836

 

オリジナルのサークルテーブルを納品させて頂きました。

鉄脚の格子に特徴がある人気のテーブルです。

今回のお客様も、ネットで知ってご連絡下さいました。

ただ、うちではネットショッピングはできないのでオリジナル家具でもメールやお電話で何度も打ち合わせをします。

また、お客様のほとんどは一度お店に来て実際の家具を見たり、完全オーダーのものは材料を見て下さいます。

私たちとしても、メールなどのやりとりだけでなく

お客様とお話させて頂きながら家具づくりをすすめるこのやり方が気にいっています。

お話をさせていただくうちに、ちょっとしたご要望を聞けたり好みがわかったり。

少しお手間はおかけしますが、大切な時間です。

納品も、基本的には自社のスタッフが行うので喜んでもらったお顔が見れるのも嬉しい。

オーダーというとちょっと構えてしまうかもしれませんが、長く使う家具なので

お顔を合わせて長いお付き合いができればいいなと思っています。

2016/01/16 ウォールナット耳付きテーブル

DSC_4413

 

ウォールナットの耳付きテーブル、というと一枚板のどっしりしたものを思い浮かべる方も多いかと思うのですが・・

四角ではない。五角のような六角のような。

変形、ワザアリテーブルです。アリアリです。

直線部分あり、曲線部分あり。ゆえに耳あり。

DSC_4425

 

上からみるとさらに不思議な感じ。ですが、実用性もあるんです!

この形、意外とたくさん座れます。

大きいということももちろんありますが、多角なのでたくさん座ってもみんなで囲む感じになるんです。顔が見える。

そしてもう1つのワザ。中央台形部分は、天板裏に細工があり少し下げることも可能です。

そうできることで、例えばお鍋などをする時にちょっと低くできますよね。

お鍋の時に、いつもならちょっと立ち上がる感ありますが少し低くなると取りやすいかも?

 

こんなテーブルをご注文下さったお客様は、実は設計のお仕事をされている方で、

私が仕事でもお世話になっている方です。

もちろんテーブルもお客様がデザインされて、材料も一緒に見に行ったというこだわりの物です。

材料を見て、それを生かしたデザインにしたかったという事もあってこの形なのでした。

お打ち合わせしながら一緒に作り上げていくのは、いつもの仕事とはまた違った楽しさでした。

 

DSC_4422

 

ウォールナット材なので、耳の部分の白太とのコントラストがはっきりしています。

カリン材のチギリも色味が全く違うのでカワイイアクセントに。

「意味のある」変形耳付きテーブルでした。

NATURE FURNISHオリジナルの耳付きテーブルも製作予定です。出来たらまたお知らせします。

2015/11/05 楕円テーブル

DSC_3914

先日のブログで後日アップしますとお伝えしていた、テーブルです。

ウォールナット兄弟がチラリと見えていますが、同じくリビングに納めさせて頂きました。

テーブルはウォールナットではなくナラ。

同じウォールナット材で作るという選択ももちろんアリですが、お客様はナラを選ばれました。

少し雰囲気が変わることで空間の切り替えも出来る気がします。

形は楕円で、でもシュッとしたディテールにもこだわりたいとのことで脚は細めです。DSC_3913

そり止めも薄い鉄で入れていて見えないので、より軽やかな感じです。

 

テーブルは、既成でもそこまで大きさに違いがあったりするものではないので

既成でも・・と思われる方も多いと思いますが、

オーダーで頼んで下さった方が「オーダーにして良かった」

と言って下さるのが多い家具の1つでもあります。

毎日必ず使うものだからでしょうか?だからこそ細部にまで好みの行き届いたモノがいいのかもしれません。

2015/09/06 ナラ材 ビーンテーブル

清野邸テーブル1

9月になり、お店前の公園の賑やかな声も一段落。

小学校も幼稚園も始まっていつもの毎日が始まったのでしょうね。

いつもなら秋というにはまだまだ暑いこの時期ですが今年は雨も多く凉しい。

9月の、暑いけど秋も感じる強めの日差し・・・が嫌いじゃないのでちょっと寂しいです。

来週の週末は吉祥寺秋祭りなので、天気良く!暑く!熱く!なるといいな。

 

さて、今回は連日猛暑だった8月のはじめに納めさせて頂いたテーブルです。

以前、収納の間に収まるデスクをご注文下さったお客様です。

デスクを納品させて頂いたあと、テーブルのご相談もされいくつかご提案していました。

ご検討頂いているなかで、たまたまお店に通りかかったときに出来上がって展示したばかりの

オリジナルテーブル「BEAN TABLE」をみて、「これ!」と即決。ご注文下さいました。

白い壁や、白っぽい床で明るいお部屋に合わせたナラ材のBEAN TABALE。

天板下に、新聞や雑誌などがちょっと置ける棚を鉄で作りました。

 

お店にも同じナラのBEAN TABELEが置いてあるのですが、

お店の彼?はちょっといつもすまして緊張ぎみ。

実際のお宅に収まると、落ち着いて腰を据えた感じに見えます。

いつの間にかすっかり馴染んだ彼の姿は、家具屋にとって嬉しい姿です。

2015/06/29 メープルとカエデ

テーブル、インテリア、メープル、オーダーメイド、吉祥寺、NATURE FURNISH、無垢、オイルフィニッシュ

 

シンプルだけど、メープルの優しい木肌が目立つテーブルです。

メープルは日本名では楓(カエデ)ですが、日本の楓はイタヤカエデと呼ばれ、

今ではほとんど手に入れる事は難しいとされています。

家具の材料は英語名をそのまま日本語にしても同じ材とは限らないようです。

 

今回のテーブルは北米産のメープル材です。

色味も白くとても滑らかな触り心地で、天板のアールは一番触りたくなるポイントですね。

しかしメープルは材の中でもとても固く重い材料のひとつです。

シンプルでラインは細めですが、素材そのものは身の詰まったテーブル

オイル仕上げですので長くご使用して愛着のある1台となってくれたらと思います。

 

 

テーブル、インテリア、メープル、オーダーメイド、吉祥寺、NATURE FURNISH、無垢、オイルフィニッシュ

2015/06/22 白太混じりウォールナット鉄脚

テーブル ウォールナット 鉄脚 長方形 NATURE FURNISH インテリア ダイニングテーブル オーダーメイド オリジナルテーブル 

前回に続きまたまたウォールナットです。

これはお店のオリジナルとして製作した《IRON TABLE》

鉄脚テーブルのオリジナルとしてはCIRCLE TABLEに続き2台目になります。

サイズとしてもW1850mmと大きいので存在感もありつつ、大きめの天板アールと丸脚による柔らかさ?もあります。

いままで白太と呼ばれる木の外側の部分はあまり使用してこなかったのですが、

(使用するとしても同色にその部分を着色する事もあります)

このテーブルに関しては白太をあえて使用してみました。

今回は6枚の板を矧いで奥行き940mmの1枚にしてあります。

木の表情としては中心の赤身(黒い部分)と外側の白太があって1本の木なので本来のウォールナットの姿。

少し表情のある家具がお好みの方にはこんなウォールナットの家具はいかがでしょうか。

iron tabel2

TOP