TOP > 失敗しないソファーの選び方

失敗しないソファーの選び方

仕事から疲れて帰ってきた時に、家事や子育ての一休みに、ソファーは私達の身体を優しく包み込んでくれます。部屋のなかでも日々触れる機会の多い家具だからこそ、ソファー選びにはこだわりたいものです。お気に入りのソファーに出会って頂けるよう、失敗しないソファーの選び方についてご紹介致します。

サイズを測る

ソファー選びのスタートは、設置場所及び周辺のサイズを測ることから始めましょう。テーブルやテレビなど家具の置く場所をあらかじめ決めておくと、ソファーのサイズが見えてきます。ソファーを配置する際はゆったり座ることも考え、テーブルとソファーの間隔は 45~50cmほどゆとりを持たせることをおすすめします。ソファーの後ろを人が通ることを考えた場合は、ソファーと壁・家具の間隔を50~60cmほど 確保すると生活動線を邪魔することなくスムーズに移動することができます。 また、玄関の幅や高さなどソファーの搬入経路のチェックも忘れずに。

スタイルを決める

ソファーでテレビを見ながら横になったり、ソファーを背もたれに足を伸ばして床に座ったりと、ソファーでのくつろぎ方は千差万別です。ソファーの過ごし方によって最適なソファーのデザインや形は異なりますので、お部屋でどんなくつろぎ方・使い方をしたいのか、まずはイメージしてみてください。ライフスタイルをイメージすると、過ごし方に適したソファーのデザインや形が自然と決まってきます。

デザインを決める

ソファーには様々な形があり、種類に応じて特徴も異なります。例えば、横になって休むことが多い場合は肘掛けが付いていない「アームレスソファー」、家族が多い場合は皆でゆったりくつろげる「カウチソファー」や部屋のコーナーを上手く利用できるL字型の「コーナーソファー」など、用途に合わせてデザインを決めましょう。実際にソファーを配置した時の暮らしを想像しながら、部屋のコンセプトに適したソファーを選ぶことが失敗しないポイントといえます。

試す

ソファーを選ぶ際には、数人で座って距離感を確認すると安心です。何人かで実際に座ってみると、思っていたよりも窮屈に感じることもありますので、あぐらをかいたり寝転んだり色々な姿勢をとるのであれば、奥行きがあるソファーがおすすめです。また、奥行きが浅いと背もたれが直角になり、あまりリラックスできません。体格や座り方によっても感じ方は異なるため、色々なパターンを試しましょう。長く愛用するためにも、しっかりと試すということが後悔しないソファー選びのポイントです。

NATURE FURNISHでは、素材やデザインにこだわったオリジナル家具を販売しております。ソファーやチェアをはじめ、キャビネットキッチンカウンターショーケースなどシンプルで使いやすいなかにも、遊び心のあるオリジナル家具をお届けしております。また、“部屋の床材に合う家具が欲しい”という方には、1から家具を製作するオーダー家具のご注文も承っておりますので、部屋の雰囲気に合わせて理想の形をお届け致します。