TOP > 後悔しないオーダーキッチン

後悔しないオーダーキッチン

キッチンは、毎日使う場所だから便利に使いやすくしたいもの。新築リフォームをご検討の際、欲しいキッチン収納が見つからない、デザイン的にしっくりくるものがないといった時、オリジナルのオーダーキッチンを選択肢に入れるのもひとつの方法です。
こちらでは、オーダーキッチンを取り入れる際に留意しておきたい2つのポイントをご紹介します。

収納を考える

キッチンでは包丁やフライパンといった調理器具をはじめ、お皿やコップ、カトラリー、食材など収納するものがたくさんあります。収納はキッチン全体の使いやすさにも繋がりますので、収納の適切な位置やバランスはとても重要です。

例えば、シンクまわりにはゴミ箱や洗い物に関連した収納、ガスレンジまわりには調味料やヘラなどの道具類の収納に、鍋やフライパンといった調理器具をしまうスペースも必要です。調理をする人によってモノの配置や必要な機能は異なり、家族構成によっても食器の量が変わりますが、収納は出しやすさ、使いやすさがポイントです。「使用頻度の高いものはすぐに手が届く位置に置きたい」「鍋やボウルを重ねられる収納スペースが欲しい」など、気になったことはメモを取っておくことをおすすめします。

家事動線を考える

キッチンでの家事動線を考えて収納すると、日々の家事がよりスムーズになります。キッチンでの作業効率を考える目安のひとつに、ワークトライアングルがあります。ワークトライアングルとは、シンク・冷蔵庫・加熱調理機器の位置を結んだ線のことで、ワークトライアングルが正三角形に近いほど作業効率が良いと言われています。三角形の各辺が長いと動きに無駄ができやすく、逆に短いと作業しづらくなります。このワークトライアングルの近くに、食器や食材の収納スペースがあると動きやすいキッチンになります。

リビングやダイニングと接するキッチンは、インテリアとしての要素を持っているため、デザインやサイズ、色も妥協せずに選んで頂きたいと思います。東京でオーダーキッチンをお考えの方は、東京吉祥寺にあるNATURE FURNISHにご依頼ください。細かく打ち合わせを重ねながら、こだわりのオーダーキッチンをお届けさせて頂きます。ご希望のイメージを元にスケッチと御見積もりもお出し致しますので、まずはお気軽にご相談ください。