TOP > キッチンレイアウトの種類

キッチンレイアウトの種類

キッチンは毎日の食事を作るのに頻繁に利用する場所です。キッチンは作業導線がしっかりしていると、使いやすさが向上します。キッチンのレイアウトには様々な種類があり、生活スタイルに合わせて選ぶのがポイントです。NATURE FURNISHではオーダーキッチンのご依頼をお受けしております。

L型キッチン

L型キッチンは言葉の通り、L字型に配置するタイプのキッチンです。狭いスペースでも配置しやすいレイアウトで、移動距離が短く作業しやすいという特徴があります。窓側に向けると風通しが良く、明るいキッチンにすることができます。しかし、外壁面にキッチンを配置すると、外からの採光が取れなくなってしまうので注意が必要です。

I型キッチン

最も一般的なスタイルで横一列に配置されたシンプルなレイアウトとなっています。オーソドックスなデザインなこともあり、リーズナブルな価格が特徴的です。このレイアウトは横移動が多くなるので、キッチンの幅を取りすぎないようにし、横に冷蔵庫を配置すると移動距離が短くなります。幅広になっているので、複数名での作業が可能です。

Ⅱ型キッチン

キッチン台を2列に分けて、平行に設置するレイアウトです。導線が短く、作業スペースが広く取れるのが特徴的です。また火回りや水回りなどを分離することで使い勝手を良くできます。しかし、通路の取り方には注意が必要で、狭すぎると複数人数で一緒に調理をしようとすると作業がしにくくなります。

アイランド型キッチン

リビングの中心に独立した島のように配置するキッチンのことです。開放感があり、キッチンを囲んで複数人数で料理をする際に便利なレイアウトとなっています。ホームパーティや料理教室などをしたい方に、おすすめのレイアウトです。設置するには広いスペースが必要なので、部屋の広さを見て判断する必要があります。

東京武蔵野市にショールームを構えるNATURE FURNISHでは、オーダーキッチンのご注文を承っております。デザインはサイズや色などに細かくこだわり、お客様のイメージ通りのものに仕上げていきます。新築リフォームどちらでもお受けしていますので、気軽にお問い合わせください。オーダーキッチンを検討されている方は、まずはお見積もりをご依頼ください。