BLOG

NATURE FURNISH

BLOG

2016/08/08 キッチンカウンター収納  とお知らせ・・・

本格的に暑い!

いよいよ始まったオリンピックも熱い!

夏!と言って間違いないですね。

 

という事で?NATURE FURNISHも夏期休暇致します。

8/9(火)?8/12(金)ショールームお休み致します。

所沢のアトリエのほうは営業しております。

お急ぎで御用のある方はアトリエにご連絡下さい。

TEL 04-2991-7230

DSC_5515

 

さて今回は、先日ご紹介したデスクとテレビボードを違う角度から見た写真です。

デスクがのみ込まれているキッチンのカウンターもお作りしました。

DSC_5499

 

材料もナラで揃え、一体感を出してあるので自然とリビングとキッチンが繋がる感じです。

右の三段は引き出し収納。真ん中は引き戸の収納なので扉の位置を動かすと見える部分が変わります。

オープンの収納は、見せる収納なので気になる方もいらっしゃると思いますが、

リビングは長くいるところでもあるので物がわかりやすくサクッととれること、

見えるだけに、物の詰め込み過ぎが防げて綺麗な状態もキープしやすい、と利点も意外と多いのです。

デスクに繋がる部分は引き出しと棚にもなっており、こちらも使い勝手が良さそうです。

 

カウンター上のキッチン収納もお作りしたのですが、リビングから見える背板部分。

ちょっとだけ縁部分が出ているので、本などを表紙を見せて飾れるようになっています。

ただの背板で終わらせずに、こちらも見せる収納にしました。

ちょっとしたことですが、リビングの雰囲気作りになりそうです。

 

次回はキッチン奥にチラッと見えている吊り戸収納をご紹介します。

2016/08/06 絶妙なバランス

DSC_5504

 

浮いてます。

左がテレビボード、右はデスクです。

テレビボードもデスクも壁留めで、薄くあくまでもスマートに。

スマートですが、デスクにもテレビボードにも引き出しをつけています。

デスクの引き出しは薄めですが、少し交差したところのバランスの見え方が絶妙にいいですよね?

こちらをご依頼下さったお客様は建築の設計をされているので、デザインからお客様が考え、

そこに家具屋としての作り方のご提案などをして何度かお打ち合せをし、作っていきました。

お仕事柄こだわって作られたという素敵なお宅に、この他にもいくつか家具を納めさせて頂きました。

また次回、ご紹介します。

2016/07/30 デスク&本棚

P1040637

 

暑い夏がやってきました。

夏は、外派?家派?分かれるところですが室内がスッキリしていると涼しげです。

・・・というわけでもありませんが、デスクと本棚収納合わせワザでスッキリと。

大きめの収納ですが薄型でスマート。

デスクも梁の出っ張りに合わせてぴったりと収まっているので、それもスマートに見える理由です。

取り出しやすいオープン部分と、きちんとしまう扉収納。と使い分けられます。

 

暑さのせい?ではないでしょうが、愛用カメラがまさかのフリーズ・・・

この写真は、お客様が送って下さいました!

前回に引き続き・・お客様に助けられて日々やっております・・・

2016/07/21 そうでした!

忙しさにまぎれ・・・というのはもちろん言い訳ですが・・・

先日、7月18日でNATURE FURNISHを吉祥寺でスタートして5年がたち、6年目に入りました!

というか、入っておりましたというか・・・いつのまにかといいますか・・・

ごちゃごちゃ言っている理由は、すっかり忘れていたところにお客様からの「おめでとうございますメール」

で気づいたわけで・・・お恥ずかしいやら、ありがたいやら・・・

こんな小さな店の記念日を覚えていて下さり、ほんとうにありがたいです。

思えばそういったお客様達にめぐまれて、こうして忙しくさせて頂いているんだなと改めて感謝です。

すっとぼけて開店日なんかも忘れている店主ですが、こうして淡々と5周年をむかえ、

また淡々と10周年をむかえ・・と、さりげなく長く続けていければいいな、

と、忘れていただけのくせにお店を続けていくスタンスを確認する機会となりました。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、今回ご紹介の家具はバスルーム、洗面所に置くものです。

なんだかおわかりになるでしょうか?

DSC_5482

 

ウォールナットでお作りしたこちらは、ランドリーバッグ、タオルなどを掛けておくものです。

なんと言っていいのかわからず、そのまんまになってしまいましたが・・

確かに、洗濯物を入れるものってなんかしっくりスペースになじまないなって思うことありますよね。

こちらはウォールナット材ですが、そこにさらに濃いめの着色を施して既存の洗面台等にお色を合わせました。

一体感をだしてスマートに見せることで、ちょっと生活感を隠せる感じです。

ちょっとしたことですが、洗面などの水回りがスッキリ見えると気分もいいですよね。

 

毎日使うところの小さなこだわり、そういう丁寧な暮らしのお手伝いができて良かったです。

6年目も、暮らしのお手伝い、頑張ります!

2016/07/16 キッチン吊戸収納

DSC_5476

 

前回ご紹介した、リビング壁面収納を納めたお客様のところにもうひとつ。

キッチンの吊戸収納です。

こちらはリビングの材料、ウォールナットではなく、チェリー材でお作りしました。

材料は違いますが、扉はどちらもノコ目を残したsawシリーズで、そこはかとない統一感が・・

それぞれの場所に合わせて材料を変えても、雰囲気が似ることでつながりを感じますよね。

 

キッチンは「収納が欲しい場所ナンバー1!」と言っても過言ではないところ。

もうこれ以上家具は置けないし・・と諦めたくなりますが、

吊戸収納、と考えると意外とスペースがあることも。

上の空間の有効利用、ご相談下さい。

2016/07/11 ウォールナット壁面収納

暑いです。本日は晴れで夕立などの心配もないそう。

九州の大雨は心配ですが、こちらは雨らしい雨も降らずに梅雨明けになるのかな・・?

 

今回は、リノベーションに合わせてリビングの壁面収納を納めさせて頂きました。

DSC_5458

 

DSC_5466

 

 真ん中の空いたところにはTVが入り、左のコンセントがあるところはコンポが入る予定です。

オープンの見せる収納と、扉の収納で物の住み分け収納です。

扉はオリジナルのsaw boardの扉を気に入って下さったので、ノコ目を残してちょっと木目をアクセントに。

DSC_5481

 

左の収納の下にはダウンライトを入れて、小上がりに座ってのデスク作業も暗くならないようにしてあります。

奥の壁をかき込んでそこも収納としてお使いのようでしたので、デスクの天板もその形に合わせました。

デスク天板には、コンセントを両サイドにつけてあります。

片方は、ご主人のパソコン用。もう片方は奥様のミシン用とか。

いいですね。並んで作業しても大丈夫な広さです。

DSC_5459

 

ひいて見るとこんな感じ。

ピッタリ納まって、ホッとしました!

2016/07/01 家具職人(見習い)募集

所沢の工場で家具職人として働いて下さる方を募集しております。

ご希望の方はまずはメールでお問合せ下さい。

お問合せ

 

2016/06/18 迫力の収納!

DSC_5448

 

スタイル工房さんからのご注文でリノベーションに合わせての家具。

ウォールナットの収納を納めさせて頂きました。

ダークな床と合わせたウォールナットの大きめの収納は4100あります。

収納の部分は開き扉6枚で、全ての扉(ほたても!)に木目が通るようにしました。なかなかの迫力。

奥はデスクになっているので、パソコン作業なども出来るようコンセントがついています。

これだけの大きさの収納があれば、いろんなものが余裕でしまえそうです。

上のオープン棚と合わせて、見せる収納、隠す収納出来ますね。

2016/06/10 食器棚、ソファ納まりました。

本日の吉祥寺は日差しも強く、夏日です。

梅雨入りしたとは思えないお天気で、目の前の中道公園の池の掃除も始まり

夏恒例の「じゃぶじゃぶ池」にむけて、暑い中職人さん達が準備されていました。

寒さに弱い私は、冬より断然夏が好き!なのでこんなお天気は大歓迎ですが、

梅雨は梅雨らしく雨が降ることも大事ですよね。

水不足や、農作物の心配ももちろんですが、梅雨の雨はなかなかいいもんです。

外出はおっくうになりがちですが、雨を理由に家にこもるのは梅雨の醍醐味?

こんなご自宅でソファに寝っ転がって一日中本を読んでいられたら・・・

DSC_5438

 

前回、前々回と分けてご紹介した食器棚と革ソファを納めさせて頂いた状態の写真です。

まさに雨の日にこもるにぴったりな空間。

あー晴れた日の朝、早く起きすぎてちょっとソファで二度寝もいいか・・・

夜にアイスクリームを食べながらくつろぐにも・・・

と妄想は膨らむ素敵なご自宅。

いつものことながら、育った?工場を離れ、安住の地を得た家具達は心地良さそうに納まっておりました。

2016/06/03 ウォールナットソファ

DSC_5366

 

前回の食器棚と一緒にご注文頂いたソファです。

こちらもウォールナット。革張りです。

オリジナルのbasso sofaのイメージで手掛けの所などを少し変えました。

オリジナルのものよりちょっと細めで丸みのあるデザインは、食器棚のレトロな雰囲気にも通じます。

クッションを革にするか、生地にするかも悩まれていましたが

出来上がってみると、この形には革がしっくりきているようです。

ウォールナットで革張りだと、ともすると重くなりがちですが

フレームの細さや、背もたれが低く、間が空いているので軽やかな感じです。

DSC_5388

 

ちょっと、ひっぱりますが次回は納めさせて頂いた状態を見て頂きたいなと思います。

TOP