BLOG

NATURE FURNISH

BLOG

2018/07/12 変わり種Part 2

前回変わり種の家具をご紹介しましたが、同じお宅です。

こちらもちょっと変わり種。

 

_dsc7130

 

スミマセン、わかりにくいのですが奥の扉のご紹介です。

これのどこが変わり種か・・・

 

_dsc7136

 

先ほどの写真の状態が扉が閉まってる状態で、この写真が開いてる状態。

わかりにくいのですが、開けた状態の扉が横の壁にぴったりと納まるようになっています。

 

開けた扉が隙間なく納まるので、見た目もスッキリしますし全開にすることでお部屋をより広く感じることが出来ます。

ピッタリ納める為に、壁の方にも工夫が。

扉が納まるようにその分をくぼませるのはもちろん、長い取手がぶつからないように取手部分もくぼませてあります。

これは、リノベーションと同時じゃないと難しいですね・・・

 

でも、建具もこだわって作るとやはり思い通りの家に近づく感じがします。

扉の存在感て意外と大きいですね。

逆に扉を変えただけでも雰囲気がだいぶ変わるということになります。

 

家具ももちろんですが、建具の相談もお待ちしております・・・

2018/06/30 変わり種家具

観測史上最速の梅雨明けの威力!

空の夏休み感がすごいです・・・

 

今回はタイトルにもありましたちょっと変わった形の家具をご紹介します。

 

_dsc7132

 

見るからに不思議な形ですが、こちらはリビングの収納家具です。

 

真ん中を通る円柱はマンションのリノベーションの都合上どうしても必要なものなのですが

そこに家具を置くとなると、それを避けた両サイドに置く形になってしまいます。

それだとスペースにも無駄が出がちですし、スタイリッシュにはなりにくい・・・

ということで円柱をそのまま家具に飲み込んだ形で作りました!

 

中を見たいと思うのですが・・・取り忘れてしまいました・・・スミマセン!

中は円柱部分を逃がした形で両サイドに棚が入っています。

中はいわゆる「四角」で仕切られているので使い勝手も問題ありません。

つくづく取り忘れたことを猛省しております・・・

 

上の棚板は後ろの壁と円柱部分に飲み込ませて固定してあります。

完全な壁つけの固定なので、こういった形はリノベーションと同時に行わないと無理な形です。

後付けですと、壁に金物を付けての可動棚になりますので、棚の幅を変える予定の方はそちらがお勧め。

 

今回のような変形に対応する場合、リノベーションや新築の完成後でも出来なくはありません。

ただ、壁に飲み込ませる棚などは出来なくなったりご提案の幅が狭まることもあります。

リノベーションや新築をお考えの方で、オーダー家具のご注文をご検討の方は同時進行で勧められるのがいいかな?と思います。

でも、もう建ててしまった!というかたでも大丈夫!

しばりがあればあるだけの工夫の仕方もありますし、だからこそ、の家具も出来るのではないかと思います。

 

 

不思議な形のこの家具は、やはりこのお家があってこそ。

そこに暮らす人の暮らし方が出る家具を作る楽しさはまた格別です。

2018/06/18 sircle table

雨の月曜日です。

そこまで強くは降っていませんが、しとしとジメジメ・・・

 

梅雨本番になったのでしょうね。

雨自体はそこまで嫌いではないのですが、長く続くとなると気分も沈みがち。

でもこの時期は来るべき夏に備えて、体力、気力ともにチャージしておきましょう!!

 

自分を奮い立たせるためにもブログだ!

 

今回ご紹介するのは丸テーブル人気No.1(NATURE FURNISH内調べ・・)circle tableです。

 

_dsc7046

 

_dsc7051

なかでもウォールナットは人気が高く、よくご注文頂きます。

サイズもオリジナルと同じくらいの1200くらいのものがよく出ます。

 

皆さん、テーブル下のアイアンのデザインを気に入って下さいます。

脚もアイアンから無垢がつないであるのでゴツ過ぎず、甘過ぎず。

 

納めさせて頂いたお部屋は白が基調の雰囲気ですが、その中に濃いめの茶色のウォールナットがきてもスッと納まる感じ。

なんとなく、どこに入っても上手に前からいたように振る舞えるテーブルです。

クセがあるようで、懐の深いcircle tableです。

 

そういえば、私の大阪のイメージもそんな感じ。

クセがありそうで懐が深い。

 

気持ちがしとしとジメジメしたのは梅雨のせいばかりではないです。

やっぱり朝の関西の地震のニュースは驚きと不安で気持ちが落ち着きませんでした。

 

どうか関西の皆様が無事でありますよう・・・

2018/06/07 真鍮取手キッチン収納

ちょっと間が開いてしまいました。

入梅したそうですが、その晴れ間に気持ちよくブログを更新致します。

 

本日は大きめのキッチン収納。

 

_dsc7090

 

壁いっぱいの収納はなかなかの迫力です。

ウォールナットの濃いめの色合いに真鍮の取手やつまみが少しクラシカルな感じです。

お客様は真鍮のだんだん色がくすんでいく状態も楽しみにされていました。

 

_dsc7103

 

下台はすべて引出しで同じ半円の真鍮取手です。

今は差し込む光をきれいに反射していますが、経年でくすんできても鈍く光って雰囲気が出ると思います。

 

物がたくさんあるキッチン回りもこれだけの引出しがあれば収納力も完璧です。

引出しサイズも色々にしたので、意外と大きいキッチン関係の物達も納めることができます。

 

_dsc7105

 

食器等をしまう扉収納はガラス扉で、こちらも柄のガラスにしたことで雰囲気が出ました。

 

取手やガラスなどはお客様がお選びになりましたが、デザインなどの提案は色々とお任せ下さいました。

実はこちらのお客様もものづくりに関わるお仕事をされています。

そんな方からお任せされるというのはプレッシャーもありましたが、楽しくもありました。

 

自分とは違う形でなにかを作る仕事をされている方を見ると、その度にいろいろ刺激を受けます。

そして、「ナゼ家具の仕事を初めたんだっけ・・?」と思い出すこともしばしば・・

今回もお客様の仕事の様子を少しだけ見せて頂くことがありましたが、ものを作っていくって難しいけど面白いものだなと改めて思いました。

 

やっぱり良いもの、面白いものを作っていきたいです。

2018/05/26 展示会

img_0708

24(木)、25(金)の二日間、東京ビッグサイトの住宅ビジネスフェアに参加してきました。

 

さてさて我が「NATURE FURNISH」ブースはこんな感じでした。

_dsc7124

3000×3000の1スペースをお借りしてギュッとNATURE FURNISH再現です。

 

今回は一般の方が入れないビジネスフェアだったので、あまり家具屋さんはなくて設備会社関係などが多かったかな?

それでも、ハウスメーカーさんや設計士さんなどに知って頂く機会になれば!ということで参加させて頂きました。

 

次々にいらっしゃる来場者さんへの対応は普段のじっくり1対1の接客とはまた違って難しい面もありましたが

なかなかお会い出来ない他業種の方や、同業者でも全く違うコンセプトでやられている方とお話することは

営業や顧客の開拓だけでなく得られるものが多い時間になりました。

頻繁にできるか?というとなかなか難しいですが(立ちっぱなしの2日間・・自分の足腰のことも考えてみても・・)

得るものの多い貴重な2日間となりました。

このご縁がつなげられるかどうかはこれからの頑張り次第、これからしばらくはまたものづくり頑張ります!

 

たくさんの方々にご来店頂きましてありがとうございました!

2018/05/14 MIZUYA

水屋ってご存知ですか?

正確には「水屋箪笥」と言うようで、水を扱うところの台所で使われている箪笥ということなんですが。

(そういえば台所っていうのも最近言いませんね?キッチンが主流・・)

箪笥というか、主に食器等を入れる収納棚です。

でも、いわゆる食器棚とはちょっと雰囲気が違って、なんとなく昔の商家にあるような?

漫画のほうのサザエさん家にあるような?

そんなイメージで作った「MIZUYA」です。

 

210710160121

写真を見て頂くと雰囲気伝わるでしょうか?

なんとなく懐かしいと感じて頂けた方、私と同年代以上とみました。

 

特徴は大きめのガラス扉の引き戸と、下の隠す収納引き戸。

間に引出しがあるのもまさに!でしょうか。

思えば昔の収納は引き戸がほとんどだったような・・・?

日本の住宅事情もあるでしょうが、扉を開ける時に場所をとらない引き戸はせまい台所に置くのに理にかなっていますね。

 

そしてそれこそが「和」の雰囲気を出している一因。

ふすま、などに通じる引き戸は何となく落ち着いたたたずまいを感じます。

 

210710160112

 

ただ、あまりにも古風なイメージにしてしまうと現代の家に合わせるとちょっと合わなくなるので

バランスや、取手で今の「キッチン」にも合わせやすいものにしてあります。

取手は真鍮でシンプルながらもクールな感じ。

 

210710160138

 

くすんだ真鍮の色合いがウォールナットに馴染みます。

 

水屋は台所に置かれる収納・・ということでしたが台所に隠れちゃうのがもったいないかも。

リビングに置いて頂いても大きなガラスからお気に入りの食器を見れるし、

サザエさん家のように本日のおやつを入れておくのもいいと思います!

 

「MIZUYA」使えると思います。

 

#水屋 #食器棚 #ウォールナット

2018/05/06 FRAME SOFA

GW最後の日曜日。いいお天気です。

皆さんどこかへお出かけでしょうか?

もうそろそろお帰りでしょうか?

 

いやいやGWこそ家でのんびり!派もいますよね。

激しく同意したい、混雑苦手派です・・・

家で好きな時間まで寝て、起きてもゴロゴロ・・最高です。

 

そんなG派(ゴロゴロ派)の皆さん。

ソファの新調はいかがですか?

今なら、夏休みのGに間に合いますよ。

 

_dsc7018

 

_dsc7032

 

オリジナルのframe sofaのサイズを変えたものです。

サイズが3シートほど大きくなく、2シートよりは少し大きい2.5シートサイズ。

クッションを3つにするより2つにしたほうが綺麗なサイズなので、オリジナルより大きめのクッションを2つにしました。

 

ナラ材のフレームが明るいチェック生地のクッションに合っています。

こちらはもちろんお客様がお選びになりました。

せっかくオーダーで作るのだからということでいろいろご検討下さって決めた柄です。

 

ご自宅に納めた状態がこちら。

 

_dsc7084

 

_dsc7089

 

ご自宅の雰囲気を見ると、やはりこの柄で正解!っていう感じがしますよね。

そうそう、工場での写真には載っていませんがお揃いでオットマンもご注文頂きました。

ゆっくり足を伸ばすもよし、人が多い時はこちらに座るのもよし、

オットマンがあるとまたソファの魅力が増える気がします。

 

オーダーでご注文の家具達、基本的には2~3ヶ月お待ち頂いております。

・・が!生地等の輸入の関係や、込み具合等でもっとお時間頂くことも・・

先ほど今ご注文頂ければ夏までのGに間に合います、と書きましたが、

納期の期日がある!はやくGの時間が欲しい!という方はお早めにご相談下さい〜

 

GWの最後を吉祥寺散歩で締めくくられる予定の方、ご来店お待ちしております!

2018/04/26 カウンター広げました

「冷やし中華はじめました」みたいなタイトルになってしまいましたが

まだ冷やし中華にはちょっと早い気温の本日吉祥寺です。

 

タイトル通り、カウンターを広げてみました。

NFではよくカウンターの高さに合わせて天板をのばして収納にする家具を作るのですが

こちらはググッと伸ばしてテーブルとしてもお使い頂ける収納。

(収納というよりテーブルがメインですね)

 

_dsc7067

 

_dsc7064

 

手前にあるのはお揃いでお作りしたベンチです。

こちらでご家族皆さんでお食事をされるそうです。

ただ、キッチンに合わせるとテーブルとしては高さが高め。

普通にベンチだけだとお子さんが座りにくいので足掛けも作りました。

 

_dsc7068

 

テーブルの下、奥は棚板をつけた収納になっています。

オープン収納には本をしまわれるとのこと。

結構な収納量があると思います!

 

奥にチラッと見えているのがキャスター付きのワゴンです。

テーブル回りにワゴンのようなものがあると便利ですよね。

プリンターをメインにしまって、引出しもありますので小物をしまわれる予定です。

 

_dsc7071

 

引き出すとこんな感じ。

このワゴンを移動させれば、座るスペースを増やすことも出来ます。

 

奥にもオープンの隠し(?)棚があるのでこちらにも(私ならお菓子が)仕舞えます。

こちらのお客様には、小学生のお子様と生まれたばかりの赤ちゃんがいらっしゃるのですが

お菓子をしまってもすぐ気づかれちゃうんだろうな〜

納品の時は本当に生まれてすぐの時だったのですが、その赤ちゃんが隠し収納に気づくのもすぐでしょうね・・・

イヤ、お菓子を仕舞うのは完全な私の妄想なんですが・・・

 

ブログにはお載せできませんが、納品の際にご家族皆さんでこのベンチに座った写真も撮らせて頂きました。

足がベンチにちょうど届くくらいのお子さんとお母さんにだっこされた小さい小さい赤ちゃん。

このテーブルに座ってモリモリごはんを食べて、大きくなっていくのが楽しみです。

2018/04/14 BIG BOOK SHELF

あれ?また風が強くなってきてますね。

先日も春の嵐、とかですごい風でした・・

皆様大丈夫でしたか?今回の風はひどくないといいのですが・・・

 

今回のタイトル「BIG BOOK SHELF」

文字どおり「大きな本棚」なんですが。

実はショールームにも「B-B SHELF」なるものがありまして。

こちらは名前が思い浮かばず「大きめの本棚だしな〜BIG なBOOKのSHELFだな〜・・・」

そこからの「B-B SHELF」だった訳です・・恐縮です・・

しかし!今回のは伊達や酔狂ではございません!本当にBIGでBOOKな?SHELFですよ!

 

_dsc7002

 

どうですか?

壁一面の(主に)本棚!!

 

ご依頼して下さったお客様は「とにかくたくさんある本を収納したい」というご希望でした。

そこで壁一面の収納を探していたのですが、いろいろ難しい点が。

壁一面にする為には置き家具ではなく固定にしないと安全面で問題があるのですが、

こちらは壁に固定はできない物件でした。ただ、天井は固定がOKとのこと。

そこで、天井部分にささえとなる角棒を固定して、鉄の枠(黒の部分)にアジャスターをつけたものを作り、

それを角棒に締め付けていくことで上下で固定しました。突っ張り棒の要領です。

 

黒鉄の枠はデザイン性プラス、固定にする為のアイテムでもあります。

そして、鉄にすることで強度もあるので板状ではなく、間を抜くことが出来て

壁一面の収納というと圧迫感がでがちですが意外と見た目も軽やかな感じにすることが出来ました。

背板もないので、アクセントクロスが見えて素敵です。

 

_dsc7004

 

一番上は、奥行きが少し浅くなっていて飾り棚にされるご予定です。

 

写真ではわかりにくいのですが、鉄の枠の間の長さの棚すべて可動式。

本の高さや、気分で棚板の高さを変えることができ、

表情が違って見えてくると思います。

 

_dsc7005

 

棚の下は引出し収納で、この部分二つはキャスターがついたワゴン収納。

まだ小さい赤ちゃんがいらっしゃるのですが、その子のおもちゃ収納に。

 

でもこの前伺った時は、赤ちゃん本人が収納されていました(!)

ここに入れてくれとせがむのだとか。かわい過ぎです・・・

 

もう少し大きくなったら自分の手の届くところに絵本をたくさんしまって、いつでも読めるようになりますね。

リビングにこんな「BIG BOOK SHELF」があれば本好きになるのは間違いなさそうです!

2018/04/01 カウンター下収納、キッチン収納

今年は本当に春が早いですね。

少しづつ花びらが散って新緑が出ている木もあるようです。

桜が散ると春も終わりな感じがして寂しいのですが、花粉症を患っている身としてはこれからこそ春を満喫したいです・・

 

今日は桜ならぬチェリー材の家具をご紹介いたします。

 

_dsc6819

カウンター下の収納と、キッチン収納です。

同じチェリー材でお作りしました。

やはり同材で作ると統一感も出て素敵です。

 

_dsc6838

 

キッチン収納の方は、コンセントも使えるようになっているので家電や食器の収納に。

細かいものが多いキッチンは引出しの収納も大事です。

 

_dsc6836

 正面から見ても同じ材料なので綺麗に見えますよね。

 

ウチでは定番とも言える、カウンター下の収納。

最初の写真を見て頂けるとわかるように、カウンター下なので奥行きがそんなにないのですが

こうして幅に合わせた家具にしてしまえば、結構な収納量があります。

L字型にした左も収納を付けたので、合わせたらなかなかの収納スペースです。

 

扉は引き戸で、よく見ると金具がついているのが見えますか?

これ、鍵なんです。

 

_dsc6830

 

まだ小さいお子さんがいらっしゃるのでイタズラ防止に。

一生懸命イタズラしようとする姿を想像するとカワイイし、鍵に阻まれている姿もカワイイ。

そんな光景にしっくりくるようなカワイイ鍵を取り付けました。

どこか懐かしい、昔みたことあるような鍵です。

 

こういう鍵って、結局は誰にでも開けることはできるわけで。

貴重品を終う、とかではなく「ちょっと大事なもの」入ってますというか?

でもその一手間をかけて終っておくのってなんかいいですよね。

 

昔の家具にはよくあったけど今はほとんどないっていうのがなんとなく寂しい・・

実用でもありデザインのひとつでもあっただろう鍵は、現代でも家具のワンポイントになってくれました。

TOP