order kitchen counter

NATURE FURNISH

order kitchen counter

2018/12/13 キッチン収納

もう12月も半ばということに愕然としております・・・

毎年毎年、12月が来る早さに驚いているのにそのことに未だに慣れない、ということにも愕然・・・

 

ということで滞りがちなブログも年末進行で、ポンポンと更新したいと思っています・・

 

今回ご紹介するのはキッチン収納。

リビング側にあるシンクとは反対側に置く、食器などを収納する家具というご依頼でした。

ご希望は、スッキリと様々な物を収納しつつ見た目と機能も兼ね備えたモノ。

確かにキッチン周辺はごちゃごちゃしがち。でもきれいにしておきたいところNo.1(ナベシマ調べ)でもありますよね。

そこでこんなキッチン収納になりました。

 

_dsc7488

 

キッチンには細かい物が多いので、引出しは必須。

でも食器等は大きいものもあるので、開き扉部分は可動の棚が入っている大きめ収納。

深めの引出しは少し重い物も出し入れがしやすいと思います。

オープン棚は、さっと出せるので毎日使う物をしまうのに便利。

その下のオープン部分はゴミ箱が入ります。

そしてその奥にはゴミ袋を掛けられる取り外しが出来るポール。

S字フックなども掛けられるので、細かいゴミの分別にも。

 

・・・となかなかのスペックを持つ収納になりました!

といっても、これらは私だけの考えではなくお客様との打ち合わせの中からすくっていったモノです。

お話していくなかで、「こういうものがほしい」「こういうことに困っている」などの話からアイディアを頂いて、

形はもちろん、引出しのサイズ感や、棚の枚数が決まることもあります。

コンセプトにもある「お客様とつくり上げていく家具」というのはこういうことでもあります。

 

こちらのお客様は、ご主人もお料理が好きでキッチンに立たれることも多いということで奥様はもちろん

ご主人を少しイメージしたデザインにしたり・・・ということもありました。

 

納めさせて頂いた写真はコチラ

 

_dsc7541

 

_dsc7535

 

薄めのグレーのクロスにナラ材と真鍮取手の収納が格好よく納まりました。

お客様も本当に喜んで下さいました。

皆さんでキッチンに立って美味しいもの作ってくれるといいな。

 

2018/04/26 カウンター広げました

「冷やし中華はじめました」みたいなタイトルになってしまいましたが

まだ冷やし中華にはちょっと早い気温の本日吉祥寺です。

 

タイトル通り、カウンターを広げてみました。

NFではよくカウンターの高さに合わせて天板をのばして収納にする家具を作るのですが

こちらはググッと伸ばしてテーブルとしてもお使い頂ける収納。

(収納というよりテーブルがメインですね)

 

_dsc7067

 

_dsc7064

 

手前にあるのはお揃いでお作りしたベンチです。

こちらでご家族皆さんでお食事をされるそうです。

ただ、キッチンに合わせるとテーブルとしては高さが高め。

普通にベンチだけだとお子さんが座りにくいので足掛けも作りました。

 

_dsc7068

 

テーブルの下、奥は棚板をつけた収納になっています。

オープン収納には本をしまわれるとのこと。

結構な収納量があると思います!

 

奥にチラッと見えているのがキャスター付きのワゴンです。

テーブル回りにワゴンのようなものがあると便利ですよね。

プリンターをメインにしまって、引出しもありますので小物をしまわれる予定です。

 

_dsc7071

 

引き出すとこんな感じ。

このワゴンを移動させれば、座るスペースを増やすことも出来ます。

 

奥にもオープンの隠し(?)棚があるのでこちらにも(私ならお菓子が)仕舞えます。

こちらのお客様には、小学生のお子様と生まれたばかりの赤ちゃんがいらっしゃるのですが

お菓子をしまってもすぐ気づかれちゃうんだろうな〜

納品の時は本当に生まれてすぐの時だったのですが、その赤ちゃんが隠し収納に気づくのもすぐでしょうね・・・

イヤ、お菓子を仕舞うのは完全な私の妄想なんですが・・・

 

ブログにはお載せできませんが、納品の際にご家族皆さんでこのベンチに座った写真も撮らせて頂きました。

足がベンチにちょうど届くくらいのお子さんとお母さんにだっこされた小さい小さい赤ちゃん。

このテーブルに座ってモリモリごはんを食べて、大きくなっていくのが楽しみです。

2018/04/01 カウンター下収納、キッチン収納

今年は本当に春が早いですね。

少しづつ花びらが散って新緑が出ている木もあるようです。

桜が散ると春も終わりな感じがして寂しいのですが、花粉症を患っている身としてはこれからこそ春を満喫したいです・・

 

今日は桜ならぬチェリー材の家具をご紹介いたします。

 

_dsc6819

カウンター下の収納と、キッチン収納です。

同じチェリー材でお作りしました。

やはり同材で作ると統一感も出て素敵です。

 

_dsc6838

 

キッチン収納の方は、コンセントも使えるようになっているので家電や食器の収納に。

細かいものが多いキッチンは引出しの収納も大事です。

 

_dsc6836

 正面から見ても同じ材料なので綺麗に見えますよね。

 

ウチでは定番とも言える、カウンター下の収納。

最初の写真を見て頂けるとわかるように、カウンター下なので奥行きがそんなにないのですが

こうして幅に合わせた家具にしてしまえば、結構な収納量があります。

L字型にした左も収納を付けたので、合わせたらなかなかの収納スペースです。

 

扉は引き戸で、よく見ると金具がついているのが見えますか?

これ、鍵なんです。

 

_dsc6830

 

まだ小さいお子さんがいらっしゃるのでイタズラ防止に。

一生懸命イタズラしようとする姿を想像するとカワイイし、鍵に阻まれている姿もカワイイ。

そんな光景にしっくりくるようなカワイイ鍵を取り付けました。

どこか懐かしい、昔みたことあるような鍵です。

 

こういう鍵って、結局は誰にでも開けることはできるわけで。

貴重品を終う、とかではなく「ちょっと大事なもの」入ってますというか?

でもその一手間をかけて終っておくのってなんかいいですよね。

 

昔の家具にはよくあったけど今はほとんどないっていうのがなんとなく寂しい・・

実用でもありデザインのひとつでもあっただろう鍵は、現代でも家具のワンポイントになってくれました。

2017/10/14 キッチンカウンター収納

急に秋になってしまいました。

雨も降り、ひたひたと冬に近づいているような気温に少しテンションが下がります・・・

でも秋は食べ物もおいしいし、月もいいし、といいところみつけて上げていきましょう!

 

DSC_6143

 

DSC_6161

 

一見壁面オープン収納。ですがウチでのご注文で割と多いカウンター下の収納です。

実際に納めるとこんな感じ。

DSC_6174

 

カウンターの天板に高さを合わせて天板を伸ばし、その下を収納にしてあります。

左の引き出し部分には、ちょっと秘密が。

DSC_6171

 

正面からみると普通の引き出しですが開けると引き出しの収納を逃がしてあります。

窓枠のところ目一杯に作ってあるためと、ここから下のコンセントの電源を持ってこられるようにするため。

もともとカウンターの下にあるコンセントを生かせるよう背板も開けてあります。

わずか8cmほどのスペースですが、大事な役割。

かろうじて手が入るくらいの隙間です。

このオーダーならではのちょっとした仕事が出来た時がまた嬉しい時のひとつです。

 

秋は夜が長いのもいいところ。

溜まってるスケッチを描く、新しい家具のデザインを考える、ウェブサイトの充実・・

やれることたくさんありますね。

秋、いいね・・・

2017/08/12 キッチンカウンター収納です

DSC_6061

 

お盆休みに入り、皆様どのような休日をお過ごしでしょうか?

遠出の方も多いのか、例年この時期は吉祥寺は少し人手が少なくのんびりとした感じ。

今日はお店前のじゃぶじゃぶ池も、子ども達の声が聞こえません。

 

今回のご紹介はカウンター収納。

DSC_6065

 

新築を建てるお客様からキッチンのカウンターと収納のご注文を頂きました。

収納は、手掛けも取手もなくプッシュラッチで開けるタイプです。

見た目は、扉?とわからない感じですよね。

チェリー材をあえてランダムに貼って、ちょっと個性的に。

木目を綺麗に見せる良さもありますが、こうすると少しクラシカルな雰囲気も出ますね。

DSC_6106

 

こちらが納めた状態です。

まだ、工事中ということで壁も仕上がっていないのでイメージしづらくてスミマセン・・・

でも、綺麗にすっぽり収まりました!

収納扉下のグレーがアクセントになり、締まっていい感じです。

木材だけでなく色との組み合わせも、また雰囲気が変わるのでおもしろいですよ。

2017/07/10 キッチン収納カウンター

暑い・・・

じりじりした日差しが夏休み感満載ですが、まだ梅雨も明けてないんですよね・・・

夏休み通り越して、二学期前の宿題たまったまま焦ってる状態のブログ更新です・・・

 

DSC_6085

 

キッチンの背面収納カウンターです。

こちらは工場での写真。

 

実際の納めさせて頂いたものがこちらです。

DSC_6108

 

ナラ材は、色も明るくどんな家具にも使いやすい材料のひとつ。

木目の主張も強くないので、あまり場所を選ばず使えます。

そういう特徴もあって、ナチュラルな雰囲気で白っぽい部屋に使うことも多いのですが

今回はグレーの壁にグレーの床。

でもこれまたいい感じ。

クールになりそうな色味のなかのナラ材は、モダンを抑えてちょっとレトロな感じに見えます。

こういうの好きです。

DSC_6111

 

キッチン背面をすべて収納にするのもひとつですが、

上は棚収納にして下はカウンターにすることでスペースを確保。

作業や、ちょい置きのスペースがあるだけで効率良く作業が出来ます。

 

下のオープン部分は、ゴミ箱の収納。

こちらも作業しながら出たゴミをぱっと捨てられるので家事導線も良く、見た目もすっきり。

キッチンになじみつつ、賢く調理のお手伝いをする優秀なカウンターでした。

 

2017/03/19 キッチン収納

dsc_5638

 

キッチン、背面の収納です。

キッチンが独立しているタイプのお部屋は少なくなっていますね。

キッチンカウンターありのダイニングリビングが多いので、意外とキッチンて見えます。

見えるところなので、ちょっとこだわってもいいのかも。

でも、キッチン回りは機能性も重視したい。

 

アイアンとウォールナットで作ったこちらのキッチン収納はハンサム+α。

dsc_5644

 

左の収納部分のゴミ箱。

市販のゴミ箱に合わせてそれを隠す収納も作ったことがありますが、

今回はゴミ箱も、汚れても拭くことができるポリ材で製作しました。

上の小さい箱にはゴミ袋を収納したり、ペーパーを収納したり。

dsc_5642

 

右側の収納もゴミ箱ですが、箱に溝がついています。

ここは、買い物袋を引っ掛けてゴミを捨てられるように。

大きさの違う袋も掛けられるので、いくつか引っ掛けて分別ゴミの仕分けにも。

dsc_5640

 

カウンターの上には、レンジや炊飯器を置く予定ということで

スライドで出る棚にお茶碗やお皿をちょい置き出来ます。

dsc_5639

 

上部の収納は、扉を上に持ち上げるタイプ。

その下の棚もアイアンなのでオーブンで焼いた熱々のものも置けます。

 

どうでしょう?見た目ハンサムですが実力もあるヤツですよね?

キッチンには絶対必要だけど、なかなかいい感じに収納できないゴミ箱や

細かい生活感のあるものを、スマートに隠しつつ使い勝手の良い物を、、

というイメージでお作りしたハンサム収納でした。

2016/12/03 ナラ材カウンターベンチ

いよいよ12月。皆様もお忙しくお過ごしのことと思います。

おかげさまで、NATURE FURNISHも忙しく慌ただしく師走をむかえておりますが

これもご購入頂いたたくさんのお客様のおかげです。

吉祥寺ショールームも丸5年がたち、

ショールームでご注文下さったお客様がリピーターさんとしていらして下さることも増えました。

 

今回ご紹介するのも、そんなリピーターさんのお一人です。

以前はデスクをお作りしたお客様がカウンター用のベンチをご注文下さいました。

dsc_5626

 

ちょっと広めの座面のナラ材ベンチ。

お孫さんが座ってお食事もできるように、足掛けをつけて欲しいとのことでした。

カウンター向きに座ることも、リビング向きに座ることもあるのでどちらにも足掛け付きです。

ただ、リビング側は足掛けが出っ張り過ぎると邪魔になるのでカウンター側より少し狭めの幅です。

カウンターに合わせるとどうしても高さが高くなってしまうのですが、足掛けがあるとちょっと楽ですね。

リフォームをされているということで、その進行具合などお話に来て下さり

その時にお店にあったスツールも一緒に・・・とご注文頂きました。

ちょうどラスト2個!ご縁が見つかって完売です。

今回のベンチ、角はRがとってあるタイプで優しいイメージ。

オリジナルスツールとも違和感なくなじんでいます。

 

以前ご注文頂いたデスクは、リフォーム後も場所は移動されてお使い頂いています。

なんか、この前デスクを納めさせてもらったばかりのような気がする私は、

そりゃあ一年があっという間なはずです。

ですが、こうして一年一年過ぎていく中で新たなお客様と出会い、

またご注文下さる懐かしい方と再会し、

本当にありがたい日々を過ごせてもらっているな・・・と感じる師走の週末です。

早すぎる一年も悪くない!ということで・・・

2016/08/20 キッチン収納

DSC_5518

 

壁付けのTVボード、デスク、カウンター収納、吊り戸収納、

・・・とご紹介してきましたが今回は最後の1つキッチン収納です。

前回の吊り戸収納の反対側に納まっています。

明るいキッチンは、窓が大きくて開放的。

それを生かせるように、上部収納の一部はオープンにして光が遮られないようにしてあります。

引き戸の収納と、扉収納、引き出しもあるので

種類の多い食器やカトラリーの収納にも困らないと思います。

それぞれが定位置に納まったキッチンは機能的で、使いやすそうですよね。

 

今回も含め4回にわたり家具をご紹介させて頂きました。

ご依頼のお客様は設計のお仕事をされていることもあり、本当に素敵なお家でした。

そこに納める家具としてウチを選んで頂き、またご希望を打ち合わせしつつも

全面的に信頼してお任せして下さり、納品後も「お願いして良かった」

と言って頂くことができて嬉しかったです。

もうお引っ越しも無事に済んで、新居での生活も落ち着いた頃でしょうか・・?

いいな、新居・・・

2016/08/15 カウンター上吊り戸収納

DSC_5521

 

前回お知らせしたキッチン吊り戸収納をご紹介します。

キッチンとリビングをつなぐカウンターの上なので、あまり大きくて主張が強すぎても・・・

なので同材のナラでさりげなく。でも機能的に。

グラスホルダーがついていたり、ダウンライトも付いているので作業の手元も暗くなりません。

普段使うものと、季節で使うもの、キッチンはどうしても物が多くなりがちで収納がたくさん欲しい場所の1つです。

この吊り戸収納も、かなりの収納量。

奥行きがあるので大皿やホットプレートなど大きなものの収納もバッチリです。

 

キッチン反対側の窓辺にも収納をお作りしましたので次回はそちらを・・

TOP