order table chair

NATURE FURNISH

order table chair

2018/06/18 sircle table

雨の月曜日です。

そこまで強くは降っていませんが、しとしとジメジメ・・・

 

梅雨本番になったのでしょうね。

雨自体はそこまで嫌いではないのですが、長く続くとなると気分も沈みがち。

でもこの時期は来るべき夏に備えて、体力、気力ともにチャージしておきましょう!!

 

自分を奮い立たせるためにもブログだ!

 

今回ご紹介するのは丸テーブル人気No.1(NATURE FURNISH内調べ・・)circle tableです。

 

_dsc7046

 

_dsc7051

なかでもウォールナットは人気が高く、よくご注文頂きます。

サイズもオリジナルと同じくらいの1200くらいのものがよく出ます。

 

皆さん、テーブル下のアイアンのデザインを気に入って下さいます。

脚もアイアンから無垢がつないであるのでゴツ過ぎず、甘過ぎず。

 

納めさせて頂いたお部屋は白が基調の雰囲気ですが、その中に濃いめの茶色のウォールナットがきてもスッと納まる感じ。

なんとなく、どこに入っても上手に前からいたように振る舞えるテーブルです。

クセがあるようで、懐の深いcircle tableです。

 

そういえば、私の大阪のイメージもそんな感じ。

クセがありそうで懐が深い。

 

気持ちがしとしとジメジメしたのは梅雨のせいばかりではないです。

やっぱり朝の関西の地震のニュースは驚きと不安で気持ちが落ち着きませんでした。

 

どうか関西の皆様が無事でありますよう・・・

2018/04/26 カウンター広げました

「冷やし中華はじめました」みたいなタイトルになってしまいましたが

まだ冷やし中華にはちょっと早い気温の本日吉祥寺です。

 

タイトル通り、カウンターを広げてみました。

NFではよくカウンターの高さに合わせて天板をのばして収納にする家具を作るのですが

こちらはググッと伸ばしてテーブルとしてもお使い頂ける収納。

(収納というよりテーブルがメインですね)

 

_dsc7067

 

_dsc7064

 

手前にあるのはお揃いでお作りしたベンチです。

こちらでご家族皆さんでお食事をされるそうです。

ただ、キッチンに合わせるとテーブルとしては高さが高め。

普通にベンチだけだとお子さんが座りにくいので足掛けも作りました。

 

_dsc7068

 

テーブルの下、奥は棚板をつけた収納になっています。

オープン収納には本をしまわれるとのこと。

結構な収納量があると思います!

 

奥にチラッと見えているのがキャスター付きのワゴンです。

テーブル回りにワゴンのようなものがあると便利ですよね。

プリンターをメインにしまって、引出しもありますので小物をしまわれる予定です。

 

_dsc7071

 

引き出すとこんな感じ。

このワゴンを移動させれば、座るスペースを増やすことも出来ます。

 

奥にもオープンの隠し(?)棚があるのでこちらにも(私ならお菓子が)仕舞えます。

こちらのお客様には、小学生のお子様と生まれたばかりの赤ちゃんがいらっしゃるのですが

お菓子をしまってもすぐ気づかれちゃうんだろうな〜

納品の時は本当に生まれてすぐの時だったのですが、その赤ちゃんが隠し収納に気づくのもすぐでしょうね・・・

イヤ、お菓子を仕舞うのは完全な私の妄想なんですが・・・

 

ブログにはお載せできませんが、納品の際にご家族皆さんでこのベンチに座った写真も撮らせて頂きました。

足がベンチにちょうど届くくらいのお子さんとお母さんにだっこされた小さい小さい赤ちゃん。

このテーブルに座ってモリモリごはんを食べて、大きくなっていくのが楽しみです。

2018/03/22 サイドボード、テーブルのご紹介

昨日はまさかの雪!

それも結構な降り方で、冬に戻ったような寒さもありましたね・・

そんな中仕事にむかう朝、「ホーホケキョ!」の声。

実は最近近くのマンションの木立?にでも住んでいるのかウグイスの鳴き声がきこえるところがありまして。

 

密かに「春だな〜」となごんでいなのですが、こんな雪でも!とちょっと驚きました。

ウグイス側にしても予想外の天気ではあったかもしれませんが、一度春を告げたからには・・・

という気概もあったのか・・?こころなしか気合いの入った「ホーホケキョ!!」ではありました。

 

さて鳥つながりとでもいいましょうか?

片付けのプロであり、トータルでインテリアやライフスタイルをアドバイスされている

「ヒバリ舎」さんに弊社の家具のお話をブログでご紹介頂きました。

なんとも照れくさいほどにお褒め頂きまして恐縮するばかりですが・・・

 

納めさせて頂いたのはサイドボードとテーブル。

image1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

image2

 

image3

 

お客様と一緒にヒバリ舎の内山さんがお打ち合わせにいらっしゃって、ご自宅に合う雰囲気などの相談をしながら

形や材質、ガラスなどを選びご注文下さいました。

 

テーブル、サイドボードともにウォールナットで落ち着いた色合い。

サイドボードは扉のガラスを柄ガラスにしたことで少しクラシックな雰囲気になりました。

テーブルはサイドボード同様に鉄脚ですが、w2000で大きめの天板に細めの角脚なのでシャープなイメージです。

かわいらしい感じのサイドボードとクールなテーブルですが材料を揃えたので統一感があります。

 

実はこちらは先に食器棚を納めて、何ヶ月かあとにテーブルを納品。

その時に「サイドボードは問題なく使えていますか?」とお聞きしたところ、こんなお話をして下さいました。

「実はこのサイドボード『ナベシマさん』って呼んでるんですよ〜『この食器は『ナベシマさんにいれといて〜』とか」

 

「!!!」

 

なんともありがたいような照れくさいお言葉!!

違う作家さんの家具もあるので、そちらもお名前で呼ばれているとのことでしたがなんとも嬉しい光栄な呼び名!

 

広々としたおしゃれなご自宅に縁あって納まった我が社の家具がまさか名前で呼ばれているとは・・・

これは喜びとともに気持ちが引き締まるお言葉でした。

 

自分の分身でもある家具が、納めた皆様の生活に少しでも役にたって暮らしの一部になるようにしていかなくては!

 

新しい季節と共に、気持ちも新たに頑張ります!

2017/10/06 家ご飯を楽しむテーブル

昨日も今日も、はっきりと秋を感じさせる気温。

中道通りを歩く皆さんの服も、秋らしいものになりました。

さあ皆さん!秋から冬にむけての「家ごもりの家作り」始めようではありませんか!

 

ということで、居心地のよいお家のための家具のご紹介。

DSC_6181

 

DSC_6184

 

DSC_6177

 

ナラのダイニングテーブル。

組み方が、以前ご紹介したソファテーブルと同じですがダイニングテーブルにするとまた少し印象が違うかも。

脚が外に来てシンプルでシャープですが、ナラの風合いが優しい感じです。

脚が邪魔をしないので、大人数で座ることもできます。

これからの季節の家ごもりパーティーにももってこい!ですね。

 

そして、テーブルの上の素敵食器。

ナラ材の主張しすぎない木目が食器も料理も映えさせます。

このテーブルで、こんな食器で秋の味覚を楽しむのなら寒いのも悪くないかも・・・

家ごもりバンザイ!のテーブルでした。

2017/06/09 パズルテーブル

梅雨に入ったようですが、本日もなかなかの晴れ具合。

個人の都合で言わせてもらえば雨よりは過ごしやすいですが、ほんとは雨も大事ですよね。

 

今回はちょっと変わり種のテーブルをご紹介します。

DSC_5979

 

やたらに脚が多い。

でも理由があります。

DSC_5987

 

不思議な木目。

理由があります。

DSC_6012

 

こんな感じで分割可のパズルのようなテーブルゆえでした。

 

こちらは一般のご家庭ではなく、サロンの様なところです。

皆さんがいろいろお話をする場ということで、大きくもできるし

少人数じっくりのときはこじんまりと・・・もできます。

あえての変形で家庭とはまた違った雰囲気をだしつつ、

でも落ち着いた色味のウォールナットのテーブルがリラックスできる空間を演出しています。

 

DSC_5962

 

椅子はオリジナルのr-chair

張り生地を柄にすることで、いつもと違った表情に見えました。新鮮。

テーブルもオリジナルのcircle tableの脚ですがストレートに下ろすことでこちらも雰囲気が変わります。

ちょっとしたディティールでイメージって変わりますよね。

それを探すのも面白い。

 

同じ風景も季節、今なら梅雨の雨でディティール変わりそう。

個人の都合で苦手にしていた梅雨も面白がる方向にしてみます。

2017/05/20 新入りテーブル

先日、次回の報告をお知らせしていましたローテーブルとサイドテーブルをご紹介します。

_DSC5911

 

_DSC5906

 

こちらがローテーブル。

脚の組み方で少しアクセントを。

二つの材を同じ形に欠いて継ぎ合わせる「相欠き」にしてあります。

DSC_5942

 

同じくウォールナット材のサイドテーブルがこちらです。

_DSC5922

 

_DSC5928

 

同じ素材、組み方なので統一感はありますが

サイズ感や高さが違うのでかわいさがちょっと違った感じです。

兄弟ではなく従兄弟感とでもいうような。

互いの分野を尊重し、でも仲良く付かず離れずやっております。

 

ローテーブルはどっしりとソファ前で、なんでしたらお食事もどうぞの分野。

テーブル下の棚もお使い下さい。

サイドテーブルはちょっと一息のコーヒーカップなど。

でもそれだけでは、申し訳ないのでお客様が多い時にはスツールとしてお使い下さい。

・・・といったところで分業中です。

(実際、そういう用途で使うこともあるとのご注文でした!)

 

納めさせて頂いた従兄弟達は今このような形で活躍中。

DSC_6025

 

DSC_6026

 

そうだ。奥に前回ご紹介のウォールナットテーブル叔父さんもいるのでした。

ソファの上のお客様は、ダイニングテーブルをとても気に入ってくれて

「あたらしいつくえうれしいね?」と言って下さっていたとか。

新顔の二人?も気に入ってくれたら嬉しいです。

2017/05/11 大きめウォールナットテーブル

dsc_5693

 

ウォールナットテーブルを納めさせて頂きました。

角や脚も丸みがあるので優しい印象です。

小さいお子さんがいらっしゃるお客様はやはり角にRをつけることが多いです。

dsc_5700

 

広いリビングに置くとそんなに大きく見えませんが

W2500ほどあり大きめサイズ。

6?8人が座ってお食事が出来ます。

 

実はこちらを納めたのは昨年で、先日追加でローテーブルとサイドテーブルも納めさせて頂きました。

次回はそちらを・・・

2017/04/08 ウォールナット家具2つ

dsc_5577

 

少し前になりますが、工場の近くのお客様にTVボードとテーブルを納品しました。

ウォールナットで鉄脚。高さは薄めでスマートな印象です。

脚の細さや、長さ高さの比率で微妙にイメージも変わります。

細かくオーダー出来るので、そこも面白いところ。

dsc_5600

 

もうひとつ納めたテーブルも、天板の厚さにこだわりました。

dsc_5572

 

薄めの天板にしたいのですが、強度のことも含め限界があります。

そこで薄く見える仕様に。

dsc_5556

 

天板をかき込んで、脚をその下に納めることで見た目はごく薄めに見えます。

こういった仕上げにすることで繊細な表情が。

 

ひとつひとつの小さなこだわりが、それぞれの暮らしに合う家具になります。

そしてそういうものが作れる楽しさと、難しさ、を感じる日々です・・・

 

春になり、新しい仕事や学校と挑戦する人が増えて

エネルギーがもわもわと溢れてくる季節になると

ふと、仕事への向き合い方も考えますね。

 

よし、仕事しよう!

2017/03/05 卵形テーブル

dsc_5654

 

春らしい気温の日も増えてきました。

お店の前を通る人たちの服装も軽やかな感じの日曜です。

 

春→イースター→卵

というわけではありませんが(実際の納品はもっと前でした・・)

卵形のテーブルです。

オリジナルcircle tableの変形版です。

丸でも楕円でもない卵型は、ちょっとユーモラスで優しい感じ。

直線が多い家の中に、さりげなく居座る曲線のテーブルは部屋の雰囲気を和ませてくれます。

dsc_5648

 

脚はオリジナルにならって交差したアイアンがついています。

柔らかな風でもあり、鉄のクールなハンサム風でもあり。

納めさせて頂いたご自宅の雰囲気には、やっぱり卵形だったな、と納得のオーダーでした。

2016/10/07 オフィス用テーブル

お久しぶりのブログになりました。

前回からひと月ほど。

その間にさすがの暑さも和らぐかと思いきや、まだ夏日の吉祥寺です。

 

今回は、とあるオフィスに家具を納めさせて頂きました。

テーブルと書類などを納める収納家具です。

今日はテーブルをご紹介します。

1%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-08-15-10-34-37

 

会議などでお使い頂くようですが、オリジナルのビーンテーブルを選んで下さいました。

オフィスにビーンテーブルを納めるのは初めてですが、なんかいい感じです。

皆さんが囲むようにして丸く座っての会議は、それぞれの顔も見えていいアイディアもでそう?

もちろん、居眠りもばれてしまいますね・・・

でも、家族がテーブルを囲むようにして進められる会議はざっくばらんな雰囲気で出来そうです。

 

このオフィスもそうですが、最近は木を多く取り入れたところも増えているようです。

柔らかそうな雰囲気が出せることで落ち着いてリラックスできる空間になることも人気なようですが、

木の香りの効果も。よく知られているのは脳の鎮静化やリフレッシュ効果ですが、

作業効率を上げるのに役立つという報告もあります。

 

家具を納めると「いい木の匂いがしますね?」とお客様に言われることも多く

(慣れているスタッフは、すでに気づかなくなっているのですが・・)

木の家具の持つ魅力のひとつですね。

TOP