ブログ

3000の木目

DSC_2951

 

ウォールナット材は、チーク、マホガニーとともに世界三大銘木の1つだそうです。

確かに、この3000以上あるavボードの引き出しから扉までつながった木目は迫力があります。

そして迫力があるにもかかわらず、どことなくかわいらしい感じがするのもウォールナットの魅力。

ウォールナット=くるみ。くるみっていう名前もかわいらしい。

でも、じつはウォールナット材とクルミ材は違うものです。

国産のクルミ材はいわゆるウォールナット材とは全く趣きが違い、色も渋め。

うちで扱っているものは主にアメリカのウォールナット材です。

アメリカの広大な森ですくすく育った(あくまで想像ですが・・・)ウォールナット。

木目のひとつひとつが、美しく、厳しい自然のなか一年ずつ作られていくのでしょう。

そういう自然を頂いて家具を作る訳ですから、よりその材料が活きる家具を作りたい。

そして、使って頂く場所で長く家具としての命をまっとうしてもらいたい。

 

ご注文下さったお客様が、納品の際本当に喜んで下さいました。

嬉しさとともに、これからこの家具が長く大事に使って頂けることを確信しホッとする瞬間でもありました。

これからどうぞよろしくお願い致します。