ブログ

2017年07月の記事

SLANT SHELF

本日、お店の前の公園は整備中。

明日から、夏恒例のじゃぶじゃぶ池が始まるようです。

 

今日の家具はslant shelf

オリジナルで3パターンの高さがありますが、こちらはオリジナルより少し幅を広げてあります。

ドアとドアの間の壁に合わせた幅でお作りしました。

DSC_6033

DSC_6039

slant shelfは「斜め」のslant。

上の方に向かって斜めに角度がつくことで少しシャープでスマートに見えます。

ドアとドアの間のようなところでも、そのちょっとした傾斜で、出っ張り感を和らげてくれるような気がします。

無垢材と突板と家具によっては向き不向きもあるので無垢材がすべての家具にいいわけではありませんが、

こちらは、サイズもそんなに大きくないので全て無垢材の仕様です。

棚板も無垢材。

ちょっと贅沢な感じですが、ウォールナットの木目が綺麗なslant shelfでした。

キッチン収納カウンター

暑い・・・

じりじりした日差しが夏休み感満載ですが、まだ梅雨も明けてないんですよね・・・

夏休み通り越して、二学期前の宿題たまったまま焦ってる状態のブログ更新です・・・

 

DSC_6085

キッチンの背面収納カウンターです。

こちらは工場での写真。

 

実際の納めさせて頂いたものがこちらです。

DSC_6108

ナラ材は、色も明るくどんな家具にも使いやすい材料のひとつ。

木目の主張も強くないので、あまり場所を選ばず使えます。

そういう特徴もあって、ナチュラルな雰囲気で白っぽい部屋に使うことも多いのですが

今回はグレーの壁にグレーの床。

でもこれまたいい感じ。

クールになりそうな色味のなかのナラ材は、モダンを抑えてちょっとレトロな感じに見えます。

こういうの好きです。

DSC_6111

キッチン背面をすべて収納にするのもひとつですが、

上は棚収納にして下はカウンターにすることでスペースを確保。

作業や、ちょい置きのスペースがあるだけで効率良く作業が出来ます。

 

下のオープン部分は、ゴミ箱の収納。

こちらも作業しながら出たゴミをぱっと捨てられるので家事導線も良く、見た目もすっきり。

キッチンになじみつつ、賢く調理のお手伝いをする優秀なカウンターでした。