ブログ

2016年06月の記事

迫力の収納!

DSC_5448

スタイル工房さんからのご注文でリノベーションに合わせての家具。

ウォールナットの収納を納めさせて頂きました。

ダークな床と合わせたウォールナットの大きめの収納は4100あります。

収納の部分は開き扉6枚で、全ての扉(ほたても!)に木目が通るようにしました。なかなかの迫力。

奥はデスクになっているので、パソコン作業なども出来るようコンセントがついています。

これだけの大きさの収納があれば、いろんなものが余裕でしまえそうです。

上のオープン棚と合わせて、見せる収納、隠す収納出来ますね。

食器棚、ソファ納まりました。

本日の吉祥寺は日差しも強く、夏日です。

梅雨入りしたとは思えないお天気で、目の前の中道公園の池の掃除も始まり

夏恒例の「じゃぶじゃぶ池」にむけて、暑い中職人さん達が準備されていました。

寒さに弱い私は、冬より断然夏が好き!なのでこんなお天気は大歓迎ですが、

梅雨は梅雨らしく雨が降ることも大事ですよね。

水不足や、農作物の心配ももちろんですが、梅雨の雨はなかなかいいもんです。

外出はおっくうになりがちですが、雨を理由に家にこもるのは梅雨の醍醐味?

こんなご自宅でソファに寝っ転がって一日中本を読んでいられたら・・・

DSC_5438

前回、前々回と分けてご紹介した食器棚と革ソファを納めさせて頂いた状態の写真です。

まさに雨の日にこもるにぴったりな空間。

あー晴れた日の朝、早く起きすぎてちょっとソファで二度寝もいいか・・・

夜にアイスクリームを食べながらくつろぐにも・・・

と妄想は膨らむ素敵なご自宅。

いつものことながら、育った?工場を離れ、安住の地を得た家具達は心地良さそうに納まっておりました。

ウォールナットソファ

DSC_5366

前回の食器棚と一緒にご注文頂いたソファです。

こちらもウォールナット。革張りです。

オリジナルのbasso sofaのイメージで手掛けの所などを少し変えました。

オリジナルのものよりちょっと細めで丸みのあるデザインは、食器棚のレトロな雰囲気にも通じます。

クッションを革にするか、生地にするかも悩まれていましたが

出来上がってみると、この形には革がしっくりきているようです。

ウォールナットで革張りだと、ともすると重くなりがちですが

フレームの細さや、背もたれが低く、間が空いているので軽やかな感じです。

DSC_5388

ちょっと、ひっぱりますが次回は納めさせて頂いた状態を見て頂きたいなと思います。