ブログ

2016年02月の記事

変形・・・

春が近くなってきたようです。

大好きな季節ですが、憎いあんちくしょうもだいぶ飛んでいる様です・・

 

今回ご紹介するのはタイトルにもあった、「変形」のシェルフです。

左の側面の方が長いこのシェルフ。
DSC_4594

このような箱が入ります。

DSC_4595

DSC_4602

箱が入っても上が台形の変形。

こちらをご依頼頂いたお宅はマンションで、窓際の天井が一部斜めになっています。

大きな梁もあるので、その梁から窓際の壁までの間に幅90cm奥行き30cmほどのデッドスペースがありました。

以前は腰くらいまでのチェストを置かれていましたが、上まで有効に生かしたい!とのことでオーダー頂きました。

天井に合わせた台形の箱は、左の長方形の箱の上に置く事もできるサイズ。

下の正方形の箱も、移動可能です。

実際に納めたところの写真を載せればわかりやすいのですが、まさかの充電切れ・・・

スミマセン・・・撮れませんでした・・・

でも、パズルのようにピッタリはまった状態はスッキリ!気持ちいい!

上部は飾り棚として、下は小さいお子さんがいらっしゃるので絵本などを収納されるようです。

メープルのホワイトオイル仕上げと、ミモザカラーの箱が春らしい雰囲気でした。

「変形」はオーダーならではの喜びです。

メープル材カウンター下収納

昨日は暖かく、何となくウキウキする日曜でした。

吉祥寺の町は暖かな週末ということで人もたくさん。

半袖の人もちらほら。

そんな昨日と違って今日は風も冷たく、雨まで・・・雪が混じるかも、という予報まで出ていました。

寒暖差の大きいこの季節、インフルエンザもまだ流行っているようですので皆様体調を崩さぬようお過ごし下さいね。

DSC_4505

さて、本日の家具は昨日納品させて頂いたばかりのカウンター下収納です。

メープル材でお作りしました。

DSC_4514

引出しが横並びに4つと縦に3つ、3枚の引き戸収納の構造です。

もともとは、キッチンとリビングの仕切りのカウンターの天板が出ている部分の下に収納を。

というご希望でしたが、そうすると飛び出している部分が20cmほどなので奥行きがかなり小さくなります。

なので、天板にあわせて収納の上にも天板を作り、梁の部分まで奥行きを延ばしました。

DSC_4528

実際の納めた写真を見て頂くとわかるでしょうか?

カウンターと同じ高さに天板を延ばすことで、収納量がだいぶ増えたと思います。

リビングはちょっとしまっておきたい物が多いけど、意外と収納がないところでもあります。

見せない収納で、リビング周辺の細かなものも定位置に。

 

何度か打ち合わせをして長らくお待ち頂いていた家具。

家具の到着とともに、顔見知りになった僕の到着も待っていてくれた小さなお客様がいて嬉しかったです。

昨日はやっぱりあったかい一日でした。

変形TVボード

DSC_4431

 DSC_4452

天板右部分が少し幅広になっている変形TVボードです。

テレビをコーナーに置きたいけど、それに合わせてTVボードも斜めに置くとどうしても奥に三角のデッドスペースが。

ということで、テレビだけコーナーに置ける様にこの形です。

扉はフラップ扉で、持ち上げて中に納める形。

下の棚もスライド棚になっているので、引き出して配線やお掃除もしやすくしました。DSC_4449

そして、ちょっと見づらいのですが左背板の後ろにL字の小さな棚がついています。

これは、延長コードにスイッチがついて電源が切れるタイプの物ありますよね?

それを置くミニ棚です。そういうコード、意外と置く所に困りませんか?

どうしても見える所に置く事になってしまい、なんかスッキリしないので、

天板を少しだけ後ろに広げて、上からは見えない様にして定位置を作りました。

image1

こちらが納品させて頂き、お客様から送られてきた写真です。

メープルの細かい目が、さりげなくてかわいらしい仕上がりになりました。