ブログ

KAKOI SOFA

早い早い。12月に入ったと思ったらもう一週間たってました・・・

師走の実力を感じる日々です。

寒さも12月の実力をみせて、晴れていてもなかなかの寒さです。

さてそんな日はソファでゴロゴロが最高ですね。

DSC_6395

DSC_6430

こちらはオリジナルの「KAKOI SOFA」

サイドが囲われているのが、なんとなく落ち着きます。

DSC_6408

小さいサイズも。

DSC_6397

このギュッと感もなんとなく暖かそうで捨てがたい。

 

背もたれとサイドがほぼ同じ高さで囲われているので、なんとなく包まれている感覚?

そういえば、家のソファで使っていたひざかけ(大きめ)に

娘が包まれたいらしく、ランチボックスを包む風呂敷のごとくギュッと包んでくれと要望。

小さなおにぎりのようになって喜んでいたけど、なんか気持ちわかる。

人には包まれたり、囲まれたりしたい願望があるのかも。

そんな、なんか落ち着く仕上がりになっています。

 

ちなみにそんなことをしていたひざかけは20年選手なこともあり、先日ビリリとやぶけてしまいました・・

新しいひざかけ買って帰って、改めてソファでゴロゴロだな。

ウォールナット本棚

DSC_6228

DSC_6231

ウォールナットの本棚です。

本棚といっても下に引き出しがついていたり、飾り棚の雰囲気も。

こちらは以前もご紹介したサロンのようなところなので、

実用だけの本棚ではなく遊びもある雰囲気に。

 

隣のコート掛けの黒鉄の雰囲気ともしっくりとなじんでいます。

オリジナルでも黒鉄と組み合わせることが多いウォールナットですがやっぱり相性がいい感じがします。

 

お持ちの家具の雰囲気にあわせて家具のオーダーを、というご注文も多く頂きますが、

多くの家具屋からウチを選んで下さったご縁があるだけあって、なんとなくテイストが似ていることも。

全ての家具がウチのもの!というのももちろん嬉しいですが、

お客様が選んだ家具達の仲間に入ったウチの家具が、そこになじんでいるのをみるのもまた嬉しいものです。

そこには、自分の手から離れた家具の新しい始まりがあり、

これからの年月があり、なにかこちらもワクワクするような・・・

納品は、無事に納められた喜びとお客様と家具の新しい生活に携われた喜びも味わえる時間です。

小さめウォールナット収納

嵐が抜けて、風は残っていますが久しぶりの青空です。

気温も上がっているのか、コートの人は少ないようです。

こうなるとまた着るものに迷いますね・・・

まあ、秋は洋服を悩むのも楽しみの1つでしょうか?

 

さてさて悩むのが楽しいのは、オーダー家具も一緒。

「オーダー家具の頼み方が分からない」とおっしゃるお客様も多いのですが、

「なんでもアリ」がオーダー家具のいいところです。

だからこそ、悩んでしまうのですがそれもまた楽しみ。

「ここのスペースぴったりの物」からスタートしてもいいですし、

「こんなイメージの家具を探しています」のスタートでもアリ。

「これを収納したいです」と先に納めるものから始めるのも大丈夫です。

 

今回のオーダー家具は。納めるもの主導のスタートでした。

納める予定のものはゴミ箱やパソコン、プリンターなどなど。

それらの大きさや、使い勝手を考えつつ、お好みのデザインを考えます。

そういったしばりの中からお客様に喜んでもらえるデザインを考えるのは難しくも楽しい時間です。

そして、しばりがあるからこそ考えつく家具も。

DSC_6209

DSC_6217

二台の収納。それぞれに役割があります。

DSC_6225

左下の収納部分はゴミ箱を収納予定。

そのため扉を開けたら横にしまえるようになっています。

DSC_6218

右の収納は、パソコンとプリンターが入ります。

一番上と三番目の引き出しは、開くとトレーが出せるようになっています。

 

三番目はプリンターのため。

一番上は、この収納の上にはコーヒーメーカーなどをおく予定なのでコーヒーカップのちょい置き用です。

トレーを引き出せるように今回は取手は木でフラットな形にしましたが、

ウォールナットと納めるお部屋の雰囲気にあわせて柔らかく見えるように曲線を入れました。

 

「納めたいもの」から始まっても「好みのイメージ」から始まっても「サイズぴったり」から始まっても

悩むのは皆さん一緒で、だからこそ唯一の家具が出来ていきます。

そして悩んだからこそ!の喜びもそれぞれ。

 

皆さんも、オーダー家具で「悩む楽しみ」してみませんか?

キッチンカウンター収納

急に秋になってしまいました。

雨も降り、ひたひたと冬に近づいているような気温に少しテンションが下がります・・・

でも秋は食べ物もおいしいし、月もいいし、といいところみつけて上げていきましょう!

 

DSC_6143

DSC_6161

一見壁面オープン収納。ですがウチでのご注文で割と多いカウンター下の収納です。

実際に納めるとこんな感じ。

DSC_6174

カウンターの天板に高さを合わせて天板を伸ばし、その下を収納にしてあります。

左の引き出し部分には、ちょっと秘密が。

DSC_6171

正面からみると普通の引き出しですが開けると引き出しの収納を逃がしてあります。

窓枠のところ目一杯に作ってあるためと、ここから下のコンセントの電源を持ってこられるようにするため。

もともとカウンターの下にあるコンセントを生かせるよう背板も開けてあります。

わずか8cmほどのスペースですが、大事な役割。

かろうじて手が入るくらいの隙間です。

このオーダーならではのちょっとした仕事が出来た時がまた嬉しい時のひとつです。

 

秋は夜が長いのもいいところ。

溜まってるスケッチを描く、新しい家具のデザインを考える、ウェブサイトの充実・・

やれることたくさんありますね。

秋、いいね・・・

家ご飯を楽しむテーブル

昨日も今日も、はっきりと秋を感じさせる気温。

中道通りを歩く皆さんの服も、秋らしいものになりました。

さあ皆さん!秋から冬にむけての「家ごもりの家作り」始めようではありませんか!

 

ということで、居心地のよいお家のための家具のご紹介。

DSC_6181

DSC_6184

DSC_6177

ナラのダイニングテーブル。

組み方が、以前ご紹介したソファテーブルと同じですがダイニングテーブルにするとまた少し印象が違うかも。

脚が外に来てシンプルでシャープですが、ナラの風合いが優しい感じです。

脚が邪魔をしないので、大人数で座ることもできます。

これからの季節の家ごもりパーティーにももってこい!ですね。

 

そして、テーブルの上の素敵食器。

ナラ材の主張しすぎない木目が食器も料理も映えさせます。

このテーブルで、こんな食器で秋の味覚を楽しむのなら寒いのも悪くないかも・・・

家ごもりバンザイ!のテーブルでした。

1 / 2512345...1020...最後 »